◆ 余白の効用 / WebMasterへの道 Part 14

余白とは、「間=ま」 を意味することがあります。各要素ごとに区切られたコンテンツをどのように配置するのか、まさに制作者のセンスが問われるところです。

余白を上手に使う

例えば、次のコンテンツでは、画像やテキストが近すぎて、見ていても落ち着きがなく、むしろ読みにくいものです。

桜の写真

桜と哲学の道

京都・銀閣寺から南禅寺までの川沿いに続く細い道は、「哲学の道」として知られ、若い人に人気の遊歩道がある。春には、川沿いに並ぶ桜が咲きほころび行き交う人々を和ませてくれる。南禅寺の近くでは、名物の湯豆腐を食べさせてくれる店が何軒か並んでいる。

余白がないと、コンテンツに余裕が感じられません。そこで、少し手を加えました。

桜の写真

桜と哲学の道

京都・銀閣寺から南禅寺までの川沿いに続く細い道は、「哲学の道」として知られ、若い人に人気の遊歩道がある。

春には、川沿いに並ぶ桜が咲きほころび行き交う人々を和ませてくれる。

南禅寺の近くでは、名物の湯豆腐を食べさせてくれる店が何軒か並んでいる。

見栄えを設定することができるスタイルシートを縦横無尽に使いこなせると、余白の設定などは朝飯前のことです。コンテンツの配置に余白を上手に使うことによって、コンテンツが読みやすいばかりでなく、より引き立って映えてきます。

日本人として、日本独特の「間」の取り方に工夫しましょう。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003/5/16
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com