◆ ユーザビリティ / WebMasterへの道 Part 10

Webデザインの中で、インターフェイスとともに重要視されるのが、ユーザビリティです。

ユーザビリティという言葉は use(使う)という単語と ability(能力)という単語から派生した言葉で、直訳では、「使用可能なこと」や「有用性」といった意味を持ちます。

つまり、Webページそのものが「使いやすい」ことを課題とした、ひとつの指針です。ユーザビリティに則ったインターフェイスを考えなくてはなりません。

ユーザビリティが何故重要なのか?

訪れたユーザが目的のページに達するまでたくさんの操作を強いることは決して使いやすいとはいえません。ショッピング・サイトで目的の買い物ができない時、ユーザはかなりのストレスを受け二度とそのサイトには戻りません。使いにくいサイトでは、非常に印象が悪く残るだけで、実に不毛なことです。

使いやすいとは

サイトがユーザにとってストレスを受けず、サクサクとして使いやすい好印象をもたらすにはどのような手法があるのでしょうか。

主だったユーザビリティを達成するための項目を並べましたが、あなたのページはこれらにマッチしているでしょうか?

個人で Webサイトを作成する場合、えてして自己満足に陥りがちです。WebMasterは、ユーザの目線で、ユーザの立場を理解して Webデザインを起こすように努めなければなりません。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003/5/1
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com