◆ ディレクトリ / WebMasterへの道 Part 9

通常、「ホームページ」というのは、そのサイトにあるトップページをホームページと呼びます。それ以外のページについては、単にページ、あるいは Webページと呼びます。

しかし、日本における一般的な社会通念の中で、サイト内にあるページ全体を「ホームページ」と解釈されている関係で、当サイトでは「ホームページ」という定義には束縛されることなく説明しています。

ページの移動

さて、そのトップページから次のページに移る場合、どのように設計するでしょうか。以下の図は、ページが具体的に移動している様を表しています。

TopPage Page 1 Page 2 TopPage

この場合は、同一のディレクトリ(フォルダ)にページがあることを示しています。もし、分類されたカテゴリにページを作成する場合には、不向きな構造です。

しっかり整理されていないと、後々の変更や更新作業時に訳が分からなくなります。

ディレクトリ構造の設計

ディレクトリを設計する場合、情報の分類がしっかり整理されていることが前提です。

通常、トップページはサイト全体の「玄関」に当たり、そこには当然のことながら各ページへ誘導するナビゲーションが貼り付けられています。

ナビゲーションはトップページ直下にあるディレクトリ内のページを示すことが一般的です。

TopPage(Home) Top Page (Home)
ディレクトリ (カテゴリ-1 ディレクトリ) Page
1
Page
2
Page
3
ディレクトリ (カテゴリ-2 ディレクトリ) Page
1
Page
2
Page
3
ディレクトリ (カテゴリ-3 ディレクトリ) Page
1
Page
2
ディレクトリ (画像 ディレクトリ) jpg gif png
ディレクトリ (スクリプト&CSS ディレクトリ) CSS JS

また、ディレクトリ内にディレクトリを置くなどの深層階層が発生する場合もあります。

このように、分類された各ドキュメントをカテゴリ別のディレクトリに配置し、非常にすっきりと整理することによって、メンテナンスを容易に行うことができます。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003/5/1
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com