CSSリファレンス -- テキスト

[背景] [フォント] [テキスト] [ボックス] [配置] [リスト] [TABLE] [擬似] [UI]

[印刷] [音声]

CSS仕様の表記

CSS1 --- CSS Level 1、CSS Level 2で定義されている属性と値

CSS2 --- CSS Level 2で定義されている属性と値


line-height 行間を設定する

CSS仕様: CSS1

機能 Windows Macintosh
数値 フォントサイズに数値をかけたサイズにする IE4以降 NS4以降 IE4以降 NS4以降
数値+単位 pt, px, em, ex などの単位を指定 IE4以降 NS4以降 IE4以降 NS4以降
数値+% フォントサイズに対する比率 IE3以降 NS4以降 IE3以降 NS4以降
normal 標準 (デフォルト値) IE3以降 NS4以降 IE3以降 NS4以降

適応要素 :すべてのエレメント

継承 :する (デフォルト値 = nomal)

行送り (行間) を調整します。数値で調整する方法と、相対的な値で指定する方法があります。

Sample18


text-align 行揃えを設定する

CSS仕様: CSS1

機能 Windows Macintosh
align left左揃え (デフォルト値)
center : 中央揃え
right : 右揃え
IE3以降 NS4以降 IE3以降 NS4以降
justify 均等割付 IE以降 NS6以降 IE5以降 NS6以降

適応要素 :ブロックレベル要素

継承 :しない (デフォルト値=ブラウザ依存)

文字の水平位置(左右の関係)を設定する属性です。justifyは均等割付を行う値ですが、実際にはtext-align属性単体では動作しません。均等割付については、text-justify属性をあわせて使わなければならないのですが、今のところIEだけの独自の属性となっており、当リファレンスには掲載しません。

Sample19


vertical-align 文字の上下位置を設定する

CSS仕様: CSS1

機能 Windows Macintosh
数値+単位 ベースラインからの距離 IE6以降 NS6以降 IE5以降 NS6以降
数値+% line-height値に対する比率 IE6以降 NS4以降 IE4以降 NS4以降
baseline ベースラインを揃える (デフォルト値) IE4以降 NS4以降 IE4以降 NS4以降
middle 垂直方向の中心に揃える IE4以降 NS4以降 IE4以降 NS4以降
sub 下付き文字にする IE4以降 NS6以降 IE4以降 NS6以降
super 上付き文字にする IE4以降 NS6以降 IE4以降 NS6以降
text-top ボックスの上端と親要素の文字の上端を揃える IE4以降 NS6以降 IE5以降 NS6以降
text-bottom ボックスの下端と親要素の文字の下端を揃える IE4以降 NS6以降 IE5以降 NS6以降
top ボックスの上端と行全体の上端を揃える IE4以降 NS6以降 IE5以降 NS6以降
bottom ボックスの下端と行全体の下端を揃える IE4以降 NS4以降 IE5以降 NS6以降

適応要素 :インライン要素 th要素td要素

継承 :しない (デフォルト値 = baseline)

この属性は、指定された要素が表示される中で、縦方向の位置揃えを設定するものです。

Sample20


text-decoration 文字の装飾を設定する

CSS仕様: CSS1

機能 Windows Macintosh
none 装飾のない状態 (デフォルト値) IE3以降 NS4以降 IE3以降 NS4以降
underline アンダーライン (下線) を引く IIE3以降 NS4以降 IE3以降 NS4以降
line-through 抹消線を引く IE3以降 NS4以降 IE3以降 NS4以降
overline 上線を引く IIE4以降 NS6以降 IE4以降 NS6以降
blink 点滅させる NS4以降 NS4以降

適応要素 :すべての要素

継承 :しない (デフォルト値 = none)

文字に関する装飾を指定する属性です。 Sample21


letter-spacig 文字間隔を設定する

CSS仕様: CSS1

機能 Windows Macintosh
数値+単位 em, ex, pt, px などの単位で指定する IE4以降 NS6以降 IE4以降 NS6以降
normal 標準 (デフォルト値) IE4以降 NS6以降 IE4以降 NS6以降

適応要素 :すべての要素

継承 :する (デフォルト値 = normal)

文字と文字の間隔(字間)を設定する属性です。マイナスを指定すると文字間隔が詰まります。  Sample22


word-spacing 英文の単語間隔を設定する

CSS仕様: CSS2

機能 Windows Macintosh
数値+単位 em, ex, pt, px などの単位で指定する IE6 NS6 IE3,4,5 NS6
normal 標準 (デフォルト値) IE6 NS6 IE4,5 NS6

適応要素 :すべての要素

継承 :する (デフォルト値 = normal)

単語と単語の間隔を設定する属性で、日本語には効果がありません。マイナスを指定すると単語間隔が詰まります。何故かIEはMacintosh版では古くからサポートされていました。 Sample23


text-shadow シャドウ効果を設定する

CSS仕様: CSS2

機能 Windows Macintosh
none シャドウ効果のない状態 未実装 未実装
影の位置
数値+単位,数値+単位
左右方向への移動距離を指定する 未実装 未実装
影となる色を指定する 未実装 未実装
ぼかし範囲
数値+単位
影の位置の後ろに追加設定する 未実装 未実装

適応要素 :すべての要素

継承 :しない (デフォルト値 = none)

魅力的なシャドウ効果を2大ブラウザが未実装なのは大変残念なことです。これが使えると画像によって影を表現しなくともいいなと思うのは私だけでしょうか?


text-indent インデントを設定する

CSS仕様: CSS1

機能 Windows Macintosh
数値+単位 em, ex, pt, px などの単位で指定する IE4以降 NS4以降 IE4以降 NS4以降
数値+% 親要素に対する比率 IE4以降 NS4以降 IE4以降 NS4以降

適応要素 :ブロックレベル要素

継承 :する (デフォルト値 = 0)

テキストのインデント位置を決める属性です。インデントとは段落での文章の開始位置を示す「字下げ」のことです。通常、英文では段落の1行目はすこしスペースを空け、日本語でも段落の最初の1文字空けるようになっています。この属性ではインデントをどのくらい取るのかを設定します。 Sample24


text-transform 英文の大文字小文字を設定する

CSS仕様: CSS1

機能 Windows Macintosh
uppercase すべて大文字にする IE以降 NS4以降 IE4以降 NS4以降
lowercase すべて小文字にする IE4以降 NS4以降 IE4以降 NS4以降
capitalize 単語の最初の文字を大文字にする IE4以降 NS4以降 IE4以降 NS4以降
none 標準 (デフォルト値) IE4以降 NS4以降 IE4以降 NS4以降

適応要素 :すべての要素

継承 :する (デフォルト値 = none)

英文を含むページを作成する際に、大文字・小文字を任意にそろえることが出来る属性です。

Sample25


white-space スペース(空白)の扱いを設定する

CSS仕様: CSS1

機能 Windows Macintosh
normal 連続スペースを1つのスペースにまとめる IE5.5以降 NS4以降 IE5以降 NS4以降
pre スペースの数どおりに表示する NS4以降 NS4以降
nowrap 自動改行しない IE5.5以降 NS6以降 IE5以降 NS6以降

適応要素 :ブロックレベル要素

継承 :する (デフォルト値 = normal)

改行や半角スペースが連続している場合についての設定を行う属性です。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002年5月4日   最新更新日 2004年2月23日
Copyright(C) 2002-2004 banban@scollabo.com