HTMLリファレンス -- T群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H] [I] [K] [L] [M] [N] [O] [P] [Q] [S] [T] [U] [V]
DTDの表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨)

<table> 〜 </table> テーブル(表組) の定義

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
summary テキスト: 表の意図や構造の概要を記述する。
width ピクセル あるいは %: 表の横幅を指定する
frame 表示形式: 表全体のどの枠を表示するかを指定する
  void 枠線なし(デフォルト値)
  above 上のみ
  below 下のみ
  hsides 上下のみ
  lhs 左のみ
  rhs 右のみ
  vsides 左右のみ
  box 上下左右
  border 上下左右
rules 表示形式: 表の中のセルを区切る線の表示を指定する
  none なし(デフォルト値)
  groups thead、tfoot、tbody、colgroup、col等の境界線
  rows 横の列の境界
  col 縦の列の境界
  all すべての境界
border ピクセル: 表全体を囲う枠線の太さを指定する
cellpadding ピクセル: セルの内側の余白を指定する
cellspacing ピクセル: 表全体のセルとセルの間隔を指定する
align 位置: 表を表示する横方向の位置を指定する
  center センタリング(中央に配置)
  left 左寄せ
  right 右寄せ
bgcolor 色: 表全体の背景色を指定する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

当要素は、テーブル形式であることを定義するものです。colgroup要素 を指定することで列グループを成形し、対応ブラウザであれば、テーブルデータを全て読み込む前に順次表示可能になります。この時 colgroup要素col要素で指定した列数と、td要素th要素 で指定される列数が異なるときはエラーとされています。また、行グループに関しては、テーブル全体をヘッダ(thead要素)、本体(tbody要素)、フッタ(tfoot要素)に分割し、ブラウザによっては、様々な可能性を秘めています。必要な属性はありませんが、非視覚系ブラウザを配慮してsummary属性は入れることが強く推奨されています。最低1つの tr要素が必要です (厳密には tbody要素に依ります)。

テーブルのサンプル


<tbody> 〜 </tbody> テーブルボディ

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
align 位置: この要素に囲まれたセルに含まれるデータの行揃えを指定する
  center 中央揃え
  left 左揃え(デフォルト値)
  right 右揃え
  justify 両端揃え
  char 位置揃えの文字
valign 位置: セルに含まれるデータの垂直方向の位置を指定する
  top
  middle 中央(デフォルト値)
  bottom
  baseline 1行目のベースラインを揃える
char 任意の1文字: align属性での位置を揃える文字を指定する
charoff ピクセルまたは%: align属性でcharを指定した場合の、セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

テーブルの本体部分であることを定義するものです。テーブルの行をグループ化する要素の1つであり、ヘッダ部はthead要素、フッタ部はtfoot要素 で指定します。

グループ化することで、視覚系ブラウザではヘッダ、フッタを固定して内容部分をスクロールさせたり、印刷した場合に、全ページにヘッダ、フッタを付ける事なども可能になります。当要素内には、必ず1つの tr要素 が必要です。また、開始タグは行グループが1つしかない(thead、tfoot要素が無い)場合を除いて、常に必要です。

行のグループ化サンプル


<td> 〜 </td> テーブルセル

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
headers 参照ID: データセルに対応するヘッダセルを指定する
scope 範囲: ヘッダセルのヘッダ情報が該当するセルの範囲を指定する
  row これ以降の行(横方向)に適用
  col これ以降の列(縦方向)に適用
  rowgroup これ以降の行(横方向)のグループに適用
  colgroup これ以降の列(縦方向)のグループに適用
abbr テキスト: セルの内容を省略した短い形で記述する
axis 文字列: セルのカテゴリー名を記述する
rowspan 数字: 指定された数の下方向のセルを1つのセルに結合する
colspan = 文字列: 指定された数の右方向のセルを1つのセルに結合する
align 位置: セルに含まれるデータの行揃えを指定する
  center 中央揃え
  left 左揃え(デフォルト値)
  right 右揃え
  justify 両端揃え
  char 位置揃えの文字
valign 位置: セルに含まれるデータの垂直方向の位置を指定する
  top
  middle 中央(デフォルト値)
  bottom
  baseline 1行目のベースラインを揃える
char 任意の1文字: align属性での位置を揃える文字を指定する
charoff ピクセルまたは%: セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定する
nowrap 属性値なし: セルの内容の自動改行しない
width ピクセルまたは%: セルの横幅を指定する
height ピクセルまたは%: セルの高さを指定する
bgcolor 色: セルの背景色を指定する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

テーブルのセルを指定するものです。要素内は空でも構いません。ただし、その列に関する見出しは th要素 を用います。その見出しセルに対して、headers属性、scope属性によって見出しに関する情報を、abbr属性、axis属性によってセルに関する情報を埋め込むことも可能です。また、他のセルと結合したりすることも可能です。なお、終了タグは省略も可能です。


<textarea> 〜 </textarea> テキスト入力領域

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
rows 数字: 表示する領域の行数を指定する
cols 数字: 表示する領域の横幅(文字数)を指定する
name 名前: テキスト入力フィールドの名前を指定する
readonly 属性値なし : テキスト入力フィールドの変更を禁止する
disabled 属性値なし: テキスト入力フィールドの選択と変更を指定する
tabindex 数字: Tabキーによる移動の順序を指定する
accesskey 任意の1文字前: ショートカットキーを割り当てる
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

当要素では、複数行の入力可能なフィールドを作成します。当要素内のテキストは初期値としてテキストエリアに表示されます。 1行の場合は、input要素 で行います。

テキスト入力フィールドのサンプル


<tfoot> 〜 </tfoot> テーブルフッタ

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
align 位置: この要素に囲まれたセルに含まれるデータの行揃えを指定する
  center 中央揃え
  left 左揃え(デフォルト値)
  right 右揃え
  justify 両端揃え
  char 位置揃えの文字
valign 位置: セルに含まれるデータの垂直方向の位置を指定する
  top
  middle 中央(デフォルト値)
  bottom
  baseline 1行目のベースラインを揃える
char 任意の1文字: align属性での位置を揃える文字を指定する
charoff ピクセルまたは%: align属性でcharを指定した場合の、セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

テーブルのフッタ部分であることを定義するものです。テーブルの行をグループ化する要素の1つであり、ヘッダ部は thead要素、本体部は tbody要素 で指定します。グループ化することで、一般的な視覚系ブラウザではヘッダ、フッタを固定して内容部分をスクロールさせたり、印刷した場合に、全ページにヘッダ、フッタを付けることなども可能になります。当要素内には、必ず1つのtr要素 が必要です。なお、終了タグは省略も可能です。


<th> 〜 </th> セル見出し

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
headers 参照ID: データセルに対応するヘッダセルを指定する
scope 範囲: ヘッダセルのヘッダ情報が該当するセルの範囲を指定する
  row これ以降の行(横方向)に適用
  col これ以降の列(縦方向)に適用
  rowgroup これ以降の行(横方向)のグループに適用
  colgroup これ以降の列(縦方向)のグループに適用
abbr テキスト: ヘッダセルの内容を省略した短い形で記述する
axis 文字列: ヘッダセルのカテゴリー名を記述する
rowspan 数字: 指定された数の下方向のセルを1つのヘッダセルに結合する
colspan = 文字列: 指定された数の右方向のセルを1つのヘッダセルに結合する
align 位置: ヘッダセルに含まれるデータの行揃えを指定する
  center 中央揃え
  left 左揃え(デフォルト値)
  right 右揃え
  justify 両端揃え
  char 位置揃えの文字
valign 位置: ヘッダセルに含まれるデータの垂直方向の位置を指定する
  top
  middle 中央(デフォルト値)
  bottom
  baseline 1行目のベースラインを揃える
char 任意の1文字: align属性での位置を揃える文字を指定する
charoff ピクセルまたは%: ヘッダセルの端から位置を揃える文字までの距離を指定する
nowrap 属性値なし: ヘッダセルの内容の自動改行しない
width ピクセルまたは%: ヘッダセルの横幅を指定する
height ピクセルまたは%: ヘッダセルの高さを指定する
bgcolor 色: ヘッダセルの背景色を指定する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

テーブルのセルの見出しを指定するものです。要素内は空でも構いません。ただし、その列に関するデータそのものは td要素 を用います。その見出しセルに対して、headers属性、scope属性によって見出しに関する情報を、abbr属性、axis属性によってセルに関する情報を埋め込むことも可能です。また、他のセルと結合したりすることも可能です。一般的な視覚系ブラウザでは、文字が強調され中央揃えで表示されるようです。


<thead> 〜 </thead> テーブルヘッダ

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
align 位置: この要素に囲まれたセルに含まれるデータの行揃えを指定する
  center 中央揃え
  left 左揃え(デフォルト値)
  right 右揃え
  justify 両端揃え
  char 位置揃えの文字
valign 位置: セルに含まれるデータの垂直方向の位置を指定する
  top
  middle 中央(デフォルト値)
  bottom
  baseline 1行目のベースラインを揃える
char 任意の1文字: align属性での位置を揃える文字を指定する
charoff ピクセルまたは%: align属性でcharを指定した場合の、セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

テーブルのヘッダ部分であることを宣言するものです。テーブルの行をグループ化する要素の1つであり、フッタ部は tfoot要素、本体部は tbody で指定します。グループ化することで、視覚系ブラウザではヘッダ、フッタを固定して内容部分をスクロールさせたり、印刷した場合に、全ページにヘッダ、フッタを付ける事なども可能になります。当要素内には、必ず1つの tr要素 が必要です。なお、終了タグは省略も可能です。


<title> 〜 </title> 文書タイトル

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
lang 言語コード : 文書全体の言語コードを指定する
dir 文字方向 : 文書全体の文字の方向を指定する
  ltr (左から右へ: デフォルト値)
  rtl (右から左へ)

HTML文書の文書名を示すために当要素を必ず記入する必要があります。一般的な視覚系ブラウザでは、タイトルバーにこのタイトルが表示されると共に、ブックマークの名称としても使用されます。


<tr> 〜 </tr> 表行

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
align 位置: この要素に囲まれた行に含まれるセルデータの行揃えを指定する
  center 中央揃え
  left 左揃え(デフォルト値)
  right 右揃え
  justify 両端揃え
  char 位置揃えの文字
valign 位置: 行に含まれるセルデータの垂直方向の位置を指定する
  top
  middle 中央(デフォルト値)
  bottom
  baseline 1行目のベースラインを揃える
char 任意の1文字: align属性での位置を揃える文字を指定する
charoff ピクセルまたは%: align属性でcharを指定した場合の、セルの端から位置を揃える文字までの距離を指定する
bgcolor 色: ヘッダセルの背景色を指定する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

テーブルの1行を指定するもので、当要素のみでは1列のテーブルとなります。行内のセルを定義するには、tdth要素 などと組み合わせます。


<tt> 〜 </tt> テレタイプ文字

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
属性なし この要素で囲まれた文字をテレタイプ文字で表示する

この要素で囲まれたテキストは、テレタイプのように固定等副ピッチフォントで表示されます。なお、この要素は非推奨扱いではありませんが物理要素なので、使わないほうが賢明です。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版公開日 200年5月21日   最新更新日 2004年1月17日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com