HTMLリファレンス -- Q群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H] [I] [K] [L] [M] [N] [O] [P] [Q] [S] [T] [U] [V]
DTDの表記
◎:   HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○:   HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽:   HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨)

<q> 〜 </q> 短文の引用符

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
cite URI : 引用元の文書のURLを指定する
汎用属性 = id、class、lang、title、style属性など

インラインで引用に関わるテキストを囲むときに利用します。HTML4.01 では引用したソースや文書、メッセージなどの所在情報を示すための cite属性が定義されています。

q要素内は比較的短文(インライン)の引用文であること示します。Webブラウザは、全体を引用符で囲むべきで、その記号は、Lang属性で指定された言語に即したものにすべきとされています。これに対してユーザー側は引用符を付けたりしないようにすべきともされています。比較的長文(ブロックレベル)の場合は、blockquote要素 を用います。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版公開日 200年5月14日   最新更新日 2004年1月5日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com