HTMLリファレンス -- P群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H] [I] [K] [L] [M] [N] [O] [P] [Q] [S] [T] [U] [V]
DTDの表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨)

<p> 〜 </p> 段落

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
align 位置: 行揃えを指定する
 center 中央ぞろえ
 right 右揃え
 left 左揃え(デフォルト)
 justify 両端ぞろえ
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

段落を示す構造要素です。この要素内ではブロックレベル要素を含んだり、入れ子にすることもできません。つまり、この段落要素の途中でブロックレベル要素を入れる場合は、終了タグを入れた後に定義するべきです。また、空の段落要素も認められてなく、ユーザエージェントも無視することが推奨されています。


<param> パラメータ

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
name 名前: パラメータの名前を設定する
value 文字列: パラメータの値を指定する
valuetype 値の種類: value属性で指定する値の種類を指定する
data 文字列(デフォルト値)
ref URI
object object要素のID属性の値
type MINEタイプ: value属性で示されるリソースの MINEタイプを指名する

各種のオブジェクト用のパラメータを指定します。object要素 と共に使われる要素です。当要素の順序や個数は任意ですが、必ず object要素、もしくは apllet要素 の直後に 定義する必要があります。


<pre> 〜 </pre> 整形済みテキスト

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
width ピクセル: 整形済みテキスト全体の横幅を指定する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

この要素では、数行のテキストを囲んでもとのソースドキュメントの空白をそのまま表示することができます。整形済みテキストタグであるこの要素で囲まれたテキストは、一般的な視覚系ブラウザでは、固定ピッチフォントで表示されます。コンピューターのプログラムソースなどの比較的長文のソースコードなどの段落や空白もそのままに表示する機能があります。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版公開日 200年5月17日   最新更新日 2004年3月13日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com