HTMLリファレンス -- O群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H] [I] [K] [L] [M] [N] [O] [P] [Q] [S] [T] [U] [V]
DTDの表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨)

<object> 〜 </object> オブジェクトタグ

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
data URI : オブジェクトとして配置するデータの URI を指定する
classid URI : Java VM や各種プラグインの実行プログラムの URI を指定する
archive URI : オブジェクトに関連するファイルの URI を指定する
codebase URI : archive属性で使用されている相対パスの基準となる URI を指定
type MIMEタイプ: data属性で指定されるデータの MIMEタイプを指定
codetype MIMEタイプ: classid属性で指定される実行プログラムの MIMEタイプを指定
declare 属性値なし: オブジェクトの宣言のみでプログラムを実行しないように設定
standby オブジェクトのダウンロード中に表示させる文字を指定
tabindex 数字: Tabキーによる移動の順序を指定
usemap URI : map要素で定義されるイマージマップの URI を指定
name 名前: オブジェクトの名前を指定する
width ピクセル: オブジェクトの横幅を指定する
height ピクセル: オブジェクトの高さを指定する
align 位置: オブジェクトと文字との位置関係を指定する
top オブジェクトと上と文字の上を揃える
middle オブジェクトの中心に文字のベースラインを揃える
bottom オブジェクトの下に文字のベースラインを揃える
left オブジェクトを左に配置し、右側に文字が回りこむ
right オブジェクトを右に配置し、左側に文字が回りこむ
border ピクセル: オブジェクトの枠線の太さを指定する
hspace ピクセル: オブジェクトの左右の余白を指定する
vspace ピクセル: ;オブジェクトの上下の余白を指定する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

object要素は、画像、アプレット、動画、他のHTML文書などさまざまなデータや外部アプリケーションをHTML文書に埋め込むという汎用的な性質を持っています。つまり、imgapplet 等これまでの別々の要素で扱われていたデータを、一括して同じタグで処理しようとするものです。

そのため、データ形式に応じて様々な属性が定義されていますが、実際のところブラウザ側では、あまり対応がなされていないのが現状で、こうした現実には驚くばかりです。

また、head要素 内での使用も可能ですが、Webブラウザ上に表示しないものに限られます。classid属性と data属性で実行パラメータを引き渡すことの動作保証はされないため、param要素 で指定することが推奨されています。

下記のHTMLコードはFLASHのオブジェクトを示したものです。(参考までに記述)

<object classid="clsid:D27CDB6E-AE6D-11cf-96B8-444553540000" 
codebase="http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/
flash/swflash.cab#version=3,0,0,0" width=598 height=330>
<param name=movie value="sample.swf">
<param name=quality value=high>
<param name=bgcolor value=#ffffff>
</object>

<ol> 〜 </ol> 番号つきリストト

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
type 記号の種類: 記号つきリストの項目の記号に種類を指定する
 A 大文字英字
 a 小文字英字
 I 大文字ローマ数字
 i 小文字ローマ数字
 1 数字
start 数字: 番号つきリストの番号のスタート値を指定する
compact リストの各項目をコンパクトに表示する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

番号付きリストの準備をします。番号付きリストの各項目は li要素 で行います。順不同リストは、ul要素 で定義します。


<optgroup> 〜 </optgroup> オプショングループタグ

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
label テキスト: 選択肢のグループにラベルをつける
disabled グループの選択肢を禁止する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など
<サンプル>
<p>利用頻度の高いブラウザを教えてください</p>
<form>
<select name="browser">
   <optgroup label="Internet Explorer">
   <option label="IE 6.x" value="ie6">Internet Explorer 6.x
   <option label="IE 5.x" value="ie5">Internet Explorer 5.x
   <option labei="IE 4.x" value="ie4">Internet Explorer 4.x
   <option labei="IE 3.x" value="ie3">Internet Explorer 3.x
   </optgroup>

   <optgroup label="Netscape">
   <option label="NS 6.x" value="ns6">Netscape 6.x
   <option label="NS 4.x" value="ns4">Netscape Communicator 4.x
   <option label="NS 3.x" value="ns3">Netscape Navigator 3.x
   </optgroup>

   <optgroup label="その他">
   <option label="その他" value="other">その他
   </optgroup>
</select>
</form>

<結果>

利用頻度の高いブラウザを教えてください

選択項目のグループ化を定義します。要素内の option要素 がそのグループに属します。ただし、最低1つ以上の option要素 が必要です。


<option> 〜 </option> オプショングループ

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
selected 属性値なし: select要素 での選択肢をあらかじめ選択状態にする
value 文字列: 選択肢の初期値(送信データの値)を指定する
label テキスト: 選択肢にラベルをつけるる
disabled 属性値なし: 選択肢の選択を禁止する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

この要素は終了タグを省略することが可能です。 select要素 で作成される選択メニューの選択肢を作成します。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版公開日 200年5月13日   最新更新日 2004年3月13日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com