HTMLリファレンス -- M群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H] [I] [K] [L] [M] [N] [O] [P] [Q] [S] [T] [U] [V]
DTDの表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨)

<map> 〜 </map> マップタグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
name 名前: マップの名前を指定する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

map要素は、imgobjectarea などの要素と 連携して クライアント・サイド・イメージマップ を構成します。連携先は img要素usemap属性値に参照されます。HTML4.01では、この要素内にブロックレベル要素を配置することができ、画像を含まずテキストのみの構成も可能です。


<menu> 〜 </menu> メニューリスト

HTML仕様 : HTML4.01Transitional 非推奨

属性の機能と値 DTD
属性なし メニューを表示するためのリストとであることを示す

menu要素は、番号なしの項目を入れるためのタグです。各リストは li要素 で定義します。ただし、このタグは入れ子にすることができません。

実際には、多くのブラウザがこのタグを、ul要素 (番号なしリスト)とまったく同じものとみなしています。非推奨扱いの要素です。


<meta> メタタグ

HTML仕様 : HTML4.01Strict 空要素

属性の機能と値 DTD
content 文字列: プロパティの値を設定する
name ピクセル: プロパティの名前を設定する
scheme 文字列: プロパティの値の意味を示す
http-equiv 名前: プロパティが HTTPレスポンス・メッセージ・ヘッダであることを示す

meta要素は、head要素 内でのみ使われ、この間の他の要素で説明されていない情報を記述するために使用します。この要素の用途は HTTPサーバやブラウザが理解し、解釈し、必要によっては処理が行えるような形で Webの内容を記述することです。

name=http-equiv属性は、content= で指定された情報をそれぞれブラウザと Webサーバに受け渡します。

name= は インデックスプログラムなど、他のプログラムについても使うことができます。meta要素に書かれた情報の処理は、サーバ、ユーザエージェント、インデックスプログラムなどに任されます。name属性と http-equiv属性の値は、特定の Webブラウザあるいはサーバによって異なります。

また、文書の著者、キーワードなどの文書に関する情報が書かれます。HTML4.0仕様書では、その属性値についての定義は行っていません。ここに記した属性値は一例にすぎません。

<サンプル>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=EUC-JP">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<meta name="keywords" content="HTML,ホームページ,初心者,WEB制作>
<meta name="description" content="初心者のためのWEB作成講座です">
<title>初心者のためのホームページ講座</title>
</head>


This Page is HTML4.01 Valid! 初版公開日 200年5月9日   最新更新日 2004年1月4日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com