>HTMLリファレンス -- H群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H] [I] [K] [L] [M] [N] [O] [P] [Q] [S] [T] [U] [V]
DTDの表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨)

<hx>〜</hx> 見出しタグ (x には 1〜6の数字が入る)

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
align 位置:行揃えを指定する
  left (左揃え: デフォルト値)
  center (中央揃え)
  right (右揃え)
  justify (両揃え)
汎用属性のみ id、class、lang、title、style属性など

内容に関する短い説明を述べるための見出しを指定します。全部で1〜6の6段階あり、h1が最上位の見出し、h6が最下位の見出しとなります。

一般的な視覚系ブラウザでは、最上位から最下位になるにつれ、フォントサイズが小さくなります。現時点では、見出し番号の自動付与機能はありませんが、将来的にはスタイルシートの利用等で可能になると言われています。


<hr> 横罫線タグ

HTML仕様: HTML4.01 空要素

属性の機能と値 DTD
noshade 属性値なし: 罫線を立体的でなく平面的に表示する
size ピクセル: 罫線の太さを指定する
align 位置: 罫線の水平位置を指定する
  left (左揃え: デフォルト値)
  center (中央揃え)
  right (右揃え)
width ピクセルまたは%: 罫線の長さ(横幅)を指定する

この要素は Webブラウザのウィンドウ幅全体に水平に罫線を引きます。


<head>〜</head> ヘッダタグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
profile URI : メタ情報を定義しているプロファイルの所在を示す
lang 言語コード : 文書の言語コードを指定する
dir 文字方向 : 文書全体の文字の方向を指定する
  ltr (左から右へ: デフォルト値)
  rtl (右から左へ)

head要素には関連するタグが多数あり、文書に関する各種の情報を書きます。例えば文書の表題、キーワード、その他文書の中身そのものではないような情報です。ここで書かれた内容は、一般的に title要素 を除いてブラウザでは表示はしません。

関連要素: baseisindexlinkmetatitle


<html>〜</html> HTML定義タグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
lang 言語コード : 文書全体の言語コードを指定する
dir 文字方向 : 文書全体の文字の方向を指定する
  ltr (左から右へ: デフォルト値)
  rtl (右から左へ)

html要素はHTML文書のルート要素として定義され、すべての要素の最上位に位置しています。。他の要素はすべてこの中に書き込まれ、この文書が HTMLであり、他のフォーマット(例えば SGMLや XML)などではないことを示します。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版公開日 200年5月4日   最新更新日 2004年3月13日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com