HTMLリファレンス -- F群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H] [I] [K] [L] [M] [N] [O] [P] [Q] [S] [T] [U] [V]
DTDの表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨)

<fieldset> 〜 </fieldset> 項目グループ化

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
汎用属性のみ id、class、lang、title、style属性など

フォームに含まれる入力フィールドを、入力可能な項目をグループ化します。fieldset要素に囲まれた内容は、グループ化したことを明示します。また、legend要素 (グループ化した項目にキャプションをつける) と一緒に使うと効果的であります。

一般的な視覚系ブラウザでは、この要素の罫線を表示して、グループ化したことを明示します。

<サンプル>
<form action="cgi-bin・・・・ method="post">
<fieldset>
<legend>個人情報</legend>
 お名前 :<input type="text" name="Name">
 年齢 :<input type="text" name="Age"><br>
 E-Mail :<input type="text" name="E-Mail">
 お電話 :<input type="text" name="TEL">
</fieldset>
</form>

<結果>

個人情報  お名前 :  年齢   :
 E-Mail :  お電話 :

<font> 〜 </font> フォントタグ

HTML仕様: HTML4.01Transitional 非推奨

属性の機能と値 DTD
size 数字、+−数字:フォントのサイズ(大きさ)を指定する
  1 〜 7 までの絶対値で指定する(デフォルトは3)
 +1 〜 +7 現在の値に対して相対的に大きくなる(相対値7まで)
 −1 〜 −7 現在の値に対して相対的に小さくなる(相対値1まで)
face フォント名: フォントの種類を指定する
color 色: 文字の色を指定する

font要素は非推奨扱いとなっており、筆者も現在は使っておりません。ブラウザによってはサポートされていないものもあり、スタイルシートに集約したほうが賢明でしょう。物理タグの代表格でもあります。


<form> 〜 </form> フォームタグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
action URI:入力されたデータの送信先の URI を設定する
method HTTPメソッド:データを送信する際の HTTPメソッドを設定する
  get (データが付加されて送信される:デフォルト値)
  post (データが本文に含まれてそのまま送信される)
enctype MIMEタイプ: データをサーバーに送信する際の MIMEタイプを設定する
name 名前: フォームの名前を指定する
target ウィンドウ名: データを送信した結果を表示するウィンドウを指定する
accept-charset 文字符号: 入力されたデータの文字コードセットを指定する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

個々の入力フィールド(メニューやテキストフィールド、ボタン等)をまとめる要素です。フォームのレイアウト形式、入力後に送信する際の HTTPメソッド、送信されたデータを処理するプログラムの指定、データの符号化方式の指定等を行います。 form要素を使ったサンプル


<frame> フレームタグ

HTML仕様: HTML4.01Frameset 非推奨

属性の機能と値 DTD
name URI: フレームの名前を指定する
longdesc URI: フレームの説明文を示した外部文書の URI を指定する
src URI: フレーム内に表示する文書の URI を指定する
noresize = フレームサイズの変更を禁止する (属性値はない)
scrolling 表示/非表示: フレーム内のスクロールバーの表示/非表示を設定する
  yes (常に表示)
  no (非表示)
  auto (必要に応じて表示:デフォルト値)
frameborder = 表示/非表示: フレーム間の境界線の表示/非表示を設定する
  1 (表示)
  0 (非表示)
marginwidth ピクセル: フレーム内の余白(左右)を指定する
marginheight ピクセル:フレーム内の余白(上下)を指定する

表示領域を任意の数の枠(フレーム)に分割します。frame要素は、HTML要素内に body要素の代わりに指定します。また、フレーム未対応のブラウザでは表示不可能になるため、noframes要素 を必ず並記する必要があります。

なお、フレームは入れ子にすることも可能です。

<サンプルコード>
<frameset cols=30%,*>
  <frame src="left.html" name="right">
  <frame src="right.html" name="left">
   <noframes>
   ここにはフレーム未対応のブラウザ用に書きます。
   </noframes>
</frameset>

HTML4.01では、この要素を使ってフレームを定義する場合には、文書型定義 (DTD)は、Frameset を選ばなければなりません。非推奨扱いとされています。


<frameset> 〜 </frameset> フレームセットタグ

HTML仕様: HTML4.01Frameset

属性の機能と値 DTD
rows ピクセル、%、*: ウィンドウを横に分割する各フレームの高さを指定する
cols ピクセル、%、*: ウィンドウを縦に分割する各フレームの高さを指定する
「*」は、その前につけられた数字の割合でウィンドウを分割する

frame要素 同様に、表示領域を任意の数の枠(フレーム)に分割します。frameset要素は、HTML要素内に body要素の代わりに指定します。フレーム未対応のブラウザでは表示不可能になるため、noframes要素 を並記する必要があります。なお、frameset要素は入れ子にすることも可能です。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版公開日 200年5月3日   最新更新日 2004年1月4日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com