HTMLリファレンス -- B群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H] [I] [K] [L] [M] [N] [O] [P] [Q] [S] [T] [U] [V]
DTDの表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨)

<b>〜</b> ボールドタグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
汎用属性のみ id、class、lang、title、style属性など
<サンプル>
This is <b>Bold style</b> text.

<結果>

This is Bold style text

非推奨要素ではありませんが、この要素は物理要素に分類されているので、 できれば strong要素 を使いようにしましょう。


<base> ベースタグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
href URI:Webページ上のフルアドレスを指定する属性です。
target ウィンドウ名: リンク先の文書を表示するウィンドウ名を指定する

base要素は空要素なので、終了タグは不要です。この要素には必ず、そのWebページの URI をフルパス(絶対パス)で指定する href属性を記述します。ドキュメントが特定の前後関係なしに読み込まれるときに便利です。また、HTMLドキュメントの元のアドレスを記録するためにも用いられています。

指定位置は、HEAD要素内に指定しますが、なるべく最初の方で指定したほうがいいでしょう。


<basefont> 基本フォントタグ

HTML仕様: HTML4.01Transitional 非推奨

属性の機能と値 DTD
size= 数字: フォントの大きさを指定する。(最小1〜最大7)
face 文字列: フォントの種類を指定する。
color 色: フォントの色を指定する。

basefont要素は空タグなので、終了タグは不要です。指定位置は、HEAD要素内に指定します。このタグは廃止予定となっており、今後はスタイルシートで記述するようにしましょう。


<bdo>〜</bdo> 文字方向タグ

HTML仕様: HTML4.01Transitional

属性の機能と値 DTD
dir 方向: 要素内の文字の読む方向を指定する

ltr 左から右に

rtl 右から左に

汎用属性のみ id、class、lang、title、style属性など
<サンプル>
 <bdo dir="rtl">ヘブライ語</bdo>

<結果>

ヘブライ語

テキストの表記方向を指定します。通常は左から右へ表記しますが、ヘブライ語のように右から表記する場合に利用しますが、あまり一般的に知られていないようです。筆者も見たことがありません。


<blockquote>〜</blockquote> ブロック引用タグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
cite URL: 引用元の文書のURLを指定します
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

blockquote要素は、長文の引用や他の情報源から得たテキストを囲むブロックレベル要素です。インデントに供するレイアウトのために使うべきではありません。なお、Strictでは、この要素内で配置するテキストは、別のブロックレベル要素で囲む必要があります。


<big>〜</big> ビッグタグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
汎用属性のみ id、class、lang、title、style属性など

big要素の目的は、これに囲まれたテキストのフォントサイズをより大きくするものです。

<サンプル>

I live in <big>New York</big> now.


<body>〜</body> ボディタグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
background URL: 文書の背景に貼り込む画像を指定する
bgcolor 色: 文書の背景色を指定する
text 色: 文書全体の文字色を指定する
link 色: リンク個所の文字色とリンク画像の枠線色を指定する
alink 色: クリック中のリンク個所の文字色と画像の枠線色を指定する
vlink 色: 訪問済みのリンク個所の文字色とリンク画像の枠線色を指定する
汎用属性 id、class、lang、title、style属性など

body要素の属性は今後廃止され、スタイルシートによって記述されることになります。この要素は Webブラウザで表示されるページの内容すべてを囲みますが、開始タグ、終了タグ共に省略可能です。

この要素の唯一の目的は、Webページの表示内容の範囲を示すことです。テキスト整形タグをはじめ、すべてのコンテンツはこの中に配置されます。


<br> 強制改行タグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
なし 強制改行を指定する空要素

文章の途中で強制的に絵画用を指定するための空要素です。この要素を連発して段落のように見せるのは、厳密には文法違反です。みっともないので、段落は p要素 を使いましょう。


<button>〜</button> ボタンタグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性の機能と値 DTD
name 名前: ボタンの名前を指定する
value 文字列: ボタンの初期値(サーバーに送られる値)を指定する
type 形式: ボタンの形式を指定する
submit (送信ボタン)
reset (リセットボタン)
button (汎用ボタン)
disabled ボタンの使用と選択を禁止する(属性値はない)
tabindex 数字: Tabキーによる移動の順序を指定する
accesskey =任意の1文字: ショートカットキーを割り当てる
汎用属性のみ id、class、lang、title、style属性など

input要素 の「button」と同様な働きをします。 ただし当要素は、イメージを貼り付けたりとボタン内にデータを取り込むことができます。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版公開日 2002年4月30日   最新更新日 2004年3月13日
Copyright(C)2002〜2004 banban@scollabo.com