◆ 関数リファレンス
imagecreate( )
図形を生成する範囲を設定します。単位はピクセルとなります。この関数で指定された範囲では、パレット色を利用しますので、256色しか使えません。
PHPで画像を出力する場合には、この関数で画像を表現する領域を確保するように設定します。
書式:
 imagecreate (横幅、高さ);
サンプル:
Header("Content-Type: image/png");
$image = ImageCreate(120,120);

  $black = ImageColorAllocate($image,0,0,128);
  $yellow = ImageColorAllocate($image,255,255,0);

  ImageArc($image,60,60,98,80,0,360,$yellow);
  ImagePNG($image);
  ImageDestroy($image);
サンプル実行結果
PHPで出力したPNG画像
この画像は、このHTML文書から PHP文書を読み込ませて表示させています。PHP文書は、上記サンプルにあるスクリプトをそのまま記述したもので、実際にテキストだけで画像を出力しています。
PHP文書だけの出力は、こちらを参照してください。 → サンプルスクリプトのPHP


This Page is HTML4.01 Valid! 最新更新日 2004/2/8
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com