◆ 関数リファレンス
ceil( )
引数で指定した数値から、次に大きい整数を返します。戻り値は floatを維持しますので、注意してください。
書式:
 ceil (数値または変数);
サンプル:
 $a = ceil(10.03);
 $b = ceil(-10.03);
   print $a. "<br>\n";
   print $b;
ceil()関数のサンプルスクリプト実行結果

ceil()関数の実行結果



This Page is HTML4.01 Valid! 最新更新日 2004/2/8
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com