◆ 自作パソコン制作記 Part 13

組み立てが終わったら、もう一度チェックをします。

組み立て完了の写真

ドライブ類の取り付けはすべてネジ止めしていますが、これも改めて点検します。

また、各配線のゆるみや外れ、配線の正確さ、スロットの取り付け状態などを細かく確認します。取り付けがおかしい場合、重大な結果を招き、せっかくの高価な部品を壊してしまうこともありえます。

各部の取り付け状態やコネクタを確認したら、いよいよ電源投入です。自作マシンを作る時のハイライトでもあります。

起動と OSインストール

BIOSの設定画面

電源投入後、「ピッ」という音がしたら Deleteキーを押しつづけ、BIOS画面を呼び出します。

無事 BIOS画面が出たら組み立てがうまくいった証明でもあります。このあと、OSをインストールしてから、各PCIカードのドライバをインストールします。

OSは Windows2000 Professional で、約40分くらいでインストールが完了します。

Windows2000の起動画面

インストール後の起動画面です。Windows2000が立ち上がっているところで、このあとに各種アプリケーションソフトや細かな設定を行います。

これで、自作マシン製作が終わりました。今後は少しずつ改良や変更を加えながら、選り優れたシステムに成長することを期待するばかりです。

新マシンの使用感 → Next



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003/7/20
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com / wfb-org@jcom.home.ne.jp