◆ 自作パソコン制作記 Part 12

AGP、PCIカードには電源を供給しなくてはならないものがあり、また、Audioカードには DVDドライブからの音声信号をつなぐコードを接続しなければなりません。

ワイヤリング その2

AGP、PCIカードに電源供給の配線

グラフィック・カードと、IEEE1394カードに電源を供給するため、電源トランスからの 12V電源コネクターを配線します。(黄色い丸内のコネクター)

PCIバスからの電源は、単にカードの電源だけなので、パワー不足になって正しいパフォーマンスを得られないため、電源を別途供給しています。

AGP、PCIカードに電源供給の配線

Audioカードの音声信号入力端子に、DVDドライブの音声出力端子から専用ケーブルで配線します。このカードの出力が外部スピーカーに入力されます。

各スイッチの配線

忘れてならないのが、フロントパネルのスイッチの配線です。

起動やリセットのスイッチとパワー・インジケータ、及びハードディスクインジケータの配線を決められたコネクターに接続します。

これですべてのワイヤリングが完了しました。

本体排熱用ファン

そして最後に、ケース本体内の熱を逃す排熱用ファンをケースの裏面上部に取り付け、その電源ケーブルはマザーボードにあるファン用電源コネクタに差し込みます。本体内はかなり温度が上昇するために、排熱ファンは必須アイテムです。

これですべての組み立てが終わり、電源投入です。

いよいよ起動 → Next



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003/7/20
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com / wfb-org@jcom.home.ne.jp