◆ 自作パソコン制作記 Part 10

ばんばん氏手持ちの各種の拡張カードを取り付けます。PCIバススロットに取り付けるだけなので、比較的簡単な作業です。

マザーボードの PCIバススロットル

PCIバスのスロットポートは全部で5つありますが、1つはグラフィック・カードが邪魔して使うことができません。青色のスロットは、高電力消費用の PCIカード専用になっていますが、今回は使いません。

PCIスロット横の配線は、ケース本体の USBフロントパネルから伸びている USBポート用のコネクターに配線したところです。PCIカードが邪魔になって配線することができないので、事前に取り付けました。

IEEE1394、LAN、Soundカードの取り付け

今回取り付ける PCI拡張カードは以下の3つです。

PCI拡張カード3種類

左から Audio用、IEEE1394LAN用イーサネットなどのカードとなっています。

なお、取り付けの順はこれといった決まりはありません。使い勝手や背面パネルの配線のしやすさを考慮して決めます。

PCI拡張カードの取り付け

PCI拡張カードは、両手でしっかりとスロットに差し込むようにします。中途半端では動作しない場合がありますので、端子が奥深く入るようにしなければなりません。

かといって、力任せも危険です。他のカードに干渉しないかも注意します。

PCI拡張カードのネジ止め

PCIカードがスロットにしっかり収まったらネジで固定します。ネジ止めは1箇所で、ケース本体のネジ穴といっしょに友締めします。

締め過ぎるとネジ穴がバカになってしまいますので、ネジが動かなくなったときに若干強く締めて終わりです。他のカードも同じように取り付けます。

ちょっと面倒な配線作業 → Next



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003/7/20
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com / wfb-org@jcom.home.ne.jp