◆ 自作パソコン制作記 Part 8

購入した HDD(ハードディスク・ドライブ)は 流体軸受けタイプの Maxtor社の 3.5インチ 120GB Ultra ATA/133 という高速スペックです。 Maxtor Ultra ATA/133 Hard Disk Drive

ただし、取り付けたマザーボードでは、ATA/100 のドライブスロットしかないので、ハードディスクが持つスペックは保証されません。

ばんばん氏から何故このマザーボードを購入したのかを聞いたところ、一番最後に購入した時点で、手持ち資金が足りなくなったからと説明がありました。

彼の話では、いずれマザーボードは交換するとのことで納得しました。

HDD組み込み

HDDをケースに取り付けた写真

HDDはすぐに交換できるよう脱着可能なケースに入れて、前面からワンタッチで引き出せるようにしました。

しかもこのケースは、小さなファンが2個ついているので、発熱が高い HDDには最高の組み合わせです。後ろに延びている線はファン用の電源のためのものです。

このケースを数個用意すれば、OSの異なるハードディスクをワンタッチで交換でき、同じ環境で楽しみが倍増します。

HDDケースのレールを本体に組み込むところ

右の写真は HDDを組み込んだケースを本体に取り付けるためのアルミ製のレールを最初に取り付けます。このレールに沿ってケースが滑らかに挿入でき、脱着が容易に行えるのです。

レールの前面右側にあるのは、ケースを抜き出すための鍵穴で、通常はオーナーが鍵をかけて第三者に HDDが抜かれないように防止します。

HDDケースを本体に組み込むところ

HDDの組み込まれたケースをレールに沿って本体に取り付けます。レールは本体にねじ止めされているので、ケースそのものはねじ止めはしません。鍵をかけてロックするだけです。

なお、レールの表面部分は、ケースと同じ色に塗装されています。

各種ドライブの組み込み → Next



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003/7/21
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com / wfb-org@jcom.home.ne.jp