初心者のためのホームページ作り 第111号

初心者のためのホームページ作り

メールマガジン「初心者のためのホームページ作り」でお伝えした内容を、「復習」の意味で掲載しています。テキストのみのマガジンと違って、実際のサンプルや画像を交えて解説していますので、理解が深まると思います。

なお文中、疑問点や分からない点がありましたら、ご遠慮なく当方まで メールにてご質問ください。

<第111号> 今週のおさらい
              毎週金曜日配信 What's New 2005年2月25日
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
   ■ やさしいHTML入門 第5回 --- 見出しと段落 その2
やさしいHTML入門 --- 見出しと段落 その2
今回は「見出しと段落」の2つの要素を1つのリストとして表現する方法を解説します。ここで述べるリストとは「定義済みリスト=Defined List」を指し、1つのリストでありながら「見出しと段落」を表現します。
定義済みリスト
定義リストとは、あらかじめ定義する用語とその詳細で成り立っているいわば用語集などで利用されることを想定して採用されたリスト形式です。
定義リストは以下の3つのタグによって構成されます。
定義リストを構成するタグ
タグ名 意味
dl 定義リストを定義するために用いる (終了タグ省略不可)
dt 定義する用語を示す (終了タグ省略可)
dd 定義した用語の詳細を示す (終了タグ省略可)
dtdd の2つのタグは必ず dlタグの中で配置されなければならず、それぞれを単独で利用することはできません。同時に dlタグ内には必ず最低1個以上の dt、あるいは ddタグを置かなければなりません。
一般的な視覚系ブラウザでは ddタグで記述されるコンテンツ要素はインデントされる傾向がありますが、標準仕様では特に表示方法は明記されておらず、あくまでソフトウェア側の仕様に準じているのが現実です。
当ページでは定義済みリストを用いていますが、スタイルシートによって表示方法の処理を独自に行っています。つまり、「見出しと段落」 は定義リストを用い、そのレイアウト処理は「スタイルシート」を使うという考え方で採用しています。
見出しタグと段落タグを利用する一般的な方法とは異なる手法ですが、タグの性格や利用場面によっては同じような使い方ができるということもあるわけです。


This page is Valid HTML 4.01! 初版公開日 2005年2月25日
Copyright(C) 2002-2005 banban@scollabo.com