初心者のためのホームページ作り 第107号

初心者のためのホームページ作り

メールマガジン「初心者のためのホームページ作り」でお伝えした内容を、「復習」の意味で掲載しています。テキストのみのマガジンと違って、実際のサンプルや画像を交えて解説していますので、理解が深まると思います。

なお文中、疑問点や分からない点がありましたら、ご遠慮なく当方まで メールにてご質問ください。

<第107号> 今週のおさらい
             毎週金曜日配信 What's New 2004年12月24日
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
   ■ やさしいHTML入門  第2回 --- HTMLの基本
やさしいHTML入門 --- HTMLの基本
Webページ作成のために学ぶ HTMLの基本的な作法について初心者にもわかりやすく説明します。ここでは最低限知っておく必要がある項目について述べます。
タグの書き方
タグは、タグ名に <> で囲みます。タグには開始タグと終了タグがあり、終了タグはタグ名の前にスラッシュ / を挿入します。
<開始タグ>情報のある部分的な内容</終了タグ>
情報が持つある部分的にまとまった内容を「要素」と呼び、タグはその要素に適したものを選びます。見出し部分には「見出しタグ」を、段落には「段落タグ」を選びます。
コンテナタグとエンプティタグ
一般的なタグは開始タグと終了タグの対で構成されるコンテナタグがありますが、終了タグを持たない (つまり内容モデルを持たない) エンプティ (空) タグがあります。
コンテナタグでは、終了タグが現れるまでその要素を維持します。逆な言い方をすれば、その要素が終わった時点で終了タグを設けます。タグの種類によっては終了タグを省略できる場合がありますが、当講座では将来を考慮して、すべてのコンテナタグには終了タグを省略せずに記述することを強くお勧めしています。
ブロックレベルとインラインレベル
各要素を囲むタグには様々な種類がありますが、大きく分けて2つに分類されます。
ブロックレベル
ブロックレベルに分類されるタグは、前後に改行を持つまとまったブロック (かたまり) を意味します。これは文書の構造をより明確にする非常に重要な働きを持つものです。
基本的にすべてのコンテンツはブロックレベルの中に配置され、かつインラインレベルに分類されるタグもこの中で配置されることが求められています。
インラインレベル
インラインとはごく普通の文字列と同等に扱われるタグで、その要素は前後に改行を持たず、ブロックレベルの中で配置される内容となります。ある部分を強調したり、文字サイズを変更する場合などに利用されるタグが定義されています。
タグには、この他ブロックにもインラインレベルにも属さない種類がありますが、基本的にそれらは利用されるべき親タグが必要になってきます。この点につきましては講座のな中で適時説明します。
論理的な構造
マークアップは物理的なレイアウトではなく、あくまで論理的な構造を記述するものであるという前提があります。論理的な構造とは、ドキュメントの内容に「見出し」や「段落」、あるいは「リスト」や「表組」などの「構造物」を構成することです。コンテンツはそうした構造の中で配置されるべきであり、HTMLそのものがコンピュータにも人間にも理解可能でなければなりません。
つまり、どのような環境のどのようなソフトウェアであっても、HTMLドキュメントが持つ情報を正しく伝わるユニバーサルな構文であることが望ましいのです。そのためにも、ドキュメント全体が論理的な構造をデザイン (設計) することが重要になってきます。
とっつきにくいテーマではありますが、正しい文法と作法を学ぶためにもしっかりと理解する必要があります。
論理皇后を理解するとき、その構造がツリー上であることに気がつくハズです。ツリー構造とは「階層」に分類された親子のような関係にあります。

HTMLドキュメントでは、すべてこの図のようにタグの親子関係が存在し、そうした一連の流れが論理的な構造を構築することになります。各タグの上位関係、下位関係すなわち親子関係を理解することができれば、論理的な構造を持つ構文を作成することは、決して難しいことではありません。
次回より具体的な HTML構文の作成について解説していきます。


This page is Valid HTML 4.01! 初版公開日 2004年12月24日
Copyright(C) 2002-2004 banban@scollabo.com