初心者のためのホームページ作り 第104号

初心者のためのホームページ作り

メールマガジン「初心者のためのホームページ作り」でお伝えした内容を、「復習」の意味で掲載しています。テキストのみのマガジンと違って、実際のサンプルや画像を交えて解説していますので、理解が深まると思います。

なお文中、疑問点や分からない点がありましたら、ご遠慮なく当方まで メールにてご質問ください。

<第104号> 今週のおさらい
             毎週金曜日配信 What's New 2004年10月29日
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
   ■ JavaScript講座  第22回 --- Arrayオブジェクト
JavaScript講座 --- Arrayオブジェクト
JavaScriptでは、配列を制御するための Arrayオブジェクトが定義されています。このオブジェクトを利用することで、配列に形成されるインデックスをコントロールします。
Arrayオブジェクトには、以下のメソッドがあらかじめ用意されています。
Arrayオブジェクトのメソッドとその機能
メソッド 機能
concat 2つの配列を1つの配列に結合して1つの配列として返す
join 配列の値を指定した区切り文字で連結した文字列を取得する
pop 配列された最後の値を取り出す
push 既に配列された値に新たな値を追加する
reverse 既に配列済みの順序を逆順に配列しなおす
shift 配列された最初の値を削除する
slice 指定した範囲内での値から構成される配列を形成する
sort 袖に定義された配列の値の並べ替えをする
splice 配列された指定の場所を指定の値に置き換える
unshift 既に配列された値の先頭に新たな値を追加する
concatメソッド
concatメソッドは、2つの配列を1つの配列に結合します。他の配列のインデックスと今の配列のインデックスが1つにまとめられ新たな配列となります。具体的な書式は、
配列名.concat(結合する配列名)
concatメソッドのサンプル
joinメソッド
配列インデックスを指定した区切り文字で表現する場合に joinメソッドを使います。区切り文字を省略した場合には、カンマで表現されます。
配列名.join(区切り文字を指定)
joinatメソッドのサンプル
popメソッド
既に形成されている配列の最後のインデックスを取り出す場合に用います。popメソッドの具体的な書式は、
配列名.pop()
popメソッドのサンプル
pushメソッド
既に形成されている配列の最後尾に新たなインデックスを追加します。pushメソッドの具体的な書式は、
配列名.push(加えるインデックス)
pushメソッドのサンプル
reverseメソッド
既に形成されている配列を逆順に並べなおします。reverseメソッドの具体的な書式は、
配列名.reverse()
reverseメソッドのサンプル
shiftメソッド
既に形成されている配列から先頭のインデックスのみを取り出します。popメソッドとは逆な形になります。shiftメソッドの具体的な書式は、
配列名.shift()
shiftメソッドのサンプル
sliceメソッド
既に形成されている配列から指定した位置と範囲のインデックスを取り出します。なお、先頭の位置が 0 であることと、終了位置のインデックスが1つ前であることに注意してください。sliceメソッドの具体的な書式は、
配列名.slice(開始位置, 終了位置)
sliceメソッドのサンプル
sortメソッド
配列インデックスを文字コード順に並び替えます。sortメソッドの具体的な書式は、
配列名.sort()
sortメソッドのサンプル
spliceメソッド
現在の配列インデックスの範囲を指定して別のインデックスを置き換えます。指定範囲の扱いは sliceメソッドと同じになります。sortメソッドの具体的な書式は、
配列名.splice(開始位置, 終了位置, 置き換えデータ)
spliceメソッドのサンプル
unshiftメソッド
現在の配列インデックスの先頭に、新たなインデックスを追加します。shiftメソッドが最後尾の追加であり、このunshiftメソッドが先頭の追加と覚えてください。unshiftメソッドの具体的な書式は、
配列名.unshift(追加するインデックス)
unshiftメソッドのサンプル
Arrayオブジェクトのプロパティ
Arrayオブジェクトでは、配列インデックスの総数を参照するためのプロパティが唯一定義されています。
lenghプロパティ
このプロパティは、生成された配列が持つインデックスの数を参照するために用いられます。おみくじや曜日を決定する場合に使われます。
lenghプロパティの具体的な書式は、
配列名.length
lengthプロパティのサンプル


This page is Valid HTML 4.01! 初版公開日 2004年10月29日
Copyright(C) 2002-2004 banban@scollabo.com