初心者のためのホームページ作り 第99号

初心者のためのホームページ作り

メールマガジン「初心者のためのホームページ作り」でお伝えした内容を、「復習」の意味で掲載しています。テキストのみのマガジンと違って、実際のサンプルや画像を交えて解説していますので、理解が深まると思います。

なお文中、疑問点や分からない点がありましたら、ご遠慮なく当方まで メールにてご質問ください。

<第99号> 今週のおさらい
             毎週金曜日配信 What's New 2004年8月20日
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
   ■ 正しい文法のために  第3回 --- 属性
   CSS講座 第18回 --- アンカーリンク
正しい文法のために --- 属性
属性とは、要素に付加的な機能を与える重要な役割を担っています。要素だけでは何も機能したいものがあり、属性を与えることによってその意味を持つ場合さえあります。
例えば、アンカーを示す a要素では、属性に name を与えると埋め込みアンカーとなり、href を与えると属性の値に示した URI にリンクすることになります。
<a name="ancho">埋め込みアンカー</a>
<a href="link.html">他のパージへのリンク</a>
属性値
HTMLにおける属性は基本的に大文字と小文字の区別がありません。また、属性の値となる文字も大文字と小文字を区別しません。ただし、属性値が URIや、識別子として利用する ID などは厳密に大文字と小文字を区別するので注意してください。
属性値の先頭に使える文字は、英字 (大文字や小文字) や数値、アンダーバーやスラッシュなどの記号がありますが、基本的に全角の日本語文字は使えません。
属性値は引用符で囲むように推奨されていますが、値が英字、あるいは数値の場合のみ引用符の省略が許されています。記号などが入る場合には必ず引用符で囲まなければなりません。
なお、XHTMLでは、どんな場合でも属性値は引用符で囲まなければなりません。その意味では、将来のために今のうちから属性値を引用符で囲むクセをつけるようにしましょう。
属性値の要らない属性
HTMLでは内容モデルを持たない、つまり値のない属性が幾つか存在しています。この場合、当該要素の属性として単に記述するだけで機能をもたせることができます。
属性値のない属性一覧
属性名 機能 関連要素
declare オブジェクトの実行を禁止する object
defer スクリプトに文書の表示を生成する要素を含ませない script
ismap サーバサイドイメージマップを利用する img
multiple メニュー項目を複数選択可能にする select
nohref リンク先がないことを示す area
noresize フレームサイズの変更禁止 (非推奨) frame
noshade 平面的な罫線 (非推奨) hr
nowrap 改行の禁止 (非推奨) td、th
disabled 入力フィールドの選択を禁止する input
readonly 入力フィールドの選択を禁止する input
checked 入力ボックスが選択されていることを示す input
selected メニュー項目が選択されている option
compact リスト項目のコンパクト化 (非推奨) dt、ul、ol
各要素における属性については、HTML属性リファレンス を参照してください。
CSS講座 --- アンカーリンク
スタイルシートでは、同一ページであってもシーンに応じたリンクの形式を設定することが可能です。識別子 (ID) や分類名 (クラス) をうまく使うことで細かく設定します。
アンカーという擬似要素は a:linka:visited などのようにあらわされています。この擬似要素の前に識別子や分類名を設定します。
 識別子の場合
  #識別子 a:link { スタイルシート }

 分類名の場合
  .分類名 a:link { スタイルシート }
これを踏まえてシーンに応じたリンクを設定することができます。
擬似要素のサンプル (詳しい構文は今週のメールマガジン「第99号」をお読みください。)


This page is Valid HTML 4.01! 初版公開日 2004年8月20日
Copyright(C) 2002-2004 banban@scollabo.com