初心者のためのホームページ作り 第47号

Web作成支援

メールマガジン「初心者のためのホームページ作り」でお伝えした内容を、「復習」の意味で掲載しています。テキストのみのマガジンと違って、実際のサンプルや画像を交えて解説していますので、理解が深まると思います。なお、疑問点や分からない点がありましたら、遠慮なく メールにてご質問ください。

プレーンテキスト版バックナンバー

今週<第47号>マガジンのおさらい

                   毎週金曜日配信 What's New 2003/4/11
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 今週の課題 ■ JavaScript講座 第8回 乱数
             ■ JacaScriptのマナー

乱数を利用しておみくじを作る

乱数 (random number)

乱数とは、ランダムに発生したもので、任意に特定することができない数値のことを言います。出現する値に規則性のない数値となります。乱数には出現する数の統計的な特徴により、一様乱数・正規乱数などの種類がありますが、通常、コンピューターで扱う乱数とは、完全な乱数ではなく、必要な範囲内で乱数とみなせる疑似乱数として用いられます。

JavaScriptでは、Mathオブジェクト が持つ random というメソッドを利用することにより、0〜1の範囲で乱数を発生させることができます。

乱数の発生によって求める数値が整数の場合は、やはり Mathオブジェクト の floorメソッドを使用して小数点以下の数値を整数に変換します。

ver a = 6;
n = Math.floor( Math.random() * a );

この構文は、a の値を基に乱数を発生させ、その結果を整数に変換して n に代入しています。これを踏まえて配列をあらかじめ設定し、その配列数から乱数を発生して、求められた数値から配列のインデックスを取り出すことによって、メッセージをランダムに表示させることができます。

配列を利用した「おみくじ」   (詳しいJavaScript構文は、今週のメールマガジン「第47号」を参照してください。)

if構文と組み合わせる

「おみくじ」では、「大吉」や「大凶」はあまり出ることがありません。そこで、if構文を組み合わせて条件付けします。発生した乱数の数値を条件をつけて分岐しメッセージの内容を選択します。

なお、if構文に関する詳しい解説は 「第30号」 を参照してください。

乱数は、0〜1の範囲内で発生するわけですから、その範囲内を細かく分けて分岐させます。「大吉」や「大凶」などは非常に狭い範囲で指定することによってその出現率を下げるように設定します。

if構文を利用した「おみくじ」   (詳しいJavaScript構文は、今週のメールマガジン「第47号」を参照してください。

JavaScriptのマナー

ページに動きを与え、訪れるユーザに「すっげえ!」という印象を与えることができる JavaScriptは、ほとんどの Webサイトで利用されていますが、やはり守らなければならないマナーというものがあります。

ここではほんの一部ですが、特に迷惑とされている JavaScriptの例示を挙げて、何故よくないのかを解説します。

ポップアップ・ウィンドウ

怪しげなHサイトでは定番になっているポップアップ・ウィンドウは、断りもなく勝手に次々と開いてユーザのリソースを無駄に消費させています。

古いパソコンでは搭載されているメモリが少ないため、急に動きが悪くなったり、最悪の場合には「エラー」を発生させたり、落ちたりする場合もあります。

どうしてもポップアップ・ウィンドウを表示させたい場合には、ユーザの操作によって開くような仕組みを考えましょう。それほど難しいものではありません。

勝手に開くポップアップ・ウィンドウ   クリックすると5枚のポップアップ・ウィンドウを表示するページに移動します。

ステータスバー

ブラウザのステータスバーやタイトルバーなどにテキストを表示させるスクリプトがありますが、ウザったいだけであまり意味がありません。特にステータスバーは、回線の受信状況やリンク先の URLなどの情報を表示させる場所でもあり、断りもなく勝手にメッセージを流し込むのはいただけません。

どうしてもメッセージを表示させたいのならば、ブラウザの本体内で表現できるようにしましょう。決して難しいことではありません。

メッセージを流す   ステータスバーとタイトルバーにメッセージを表示します。

ウィンドウ・サイズ

皆さんがインターネットにアクセスするとき、ブラウザのウィンドウ・サイズはどれくらいの大きさで表示していますか?

最近は液晶ディスプレィが主流を占め、そのサイズは、1024×768 が中心になっています。その場合、あまり目いっぱいウィンドウを広げることはないでしょう。自分なりに調節して適当な大きさにしていると思います。もっと大きいディスプレィではそれなりの大きさにしているハズです。

せっかく自分なりに調節した大きさにしていても、JavaScriptによって最大化されたりすることがあります。最大化して桃との大きさに戻してくれるならまだ許されるでしょうが、そのままだと、また自分で調節しなければなりません。まったく大きなお世話です。

ウィンドウ・サイズを変える   ブラウザのウィンドウを最大化します。決して元には戻りません、念のため。(Opera 不可)

マウスの追跡

マウスに画像が追いかけてくるスクリプトがあります。遊び心としては理解できますが、ユーザのマウス操作の後を追いかけるのは少々うるさい感じになります。あまり歓迎されるスクリプトではありません。

マウスを追いかける画像   マイクロソフト社のJScriptを利用しています。そのため、Netscape6.0以降不可



Copyright(C) 2002-2003 ばんばん banban@scollabo.com