銀閣寺

銀閣寺俯瞰の写真 銀閣寺は、文明14年(1482)足利八代将軍義政公によって造営された山荘東山殿であり、義政公の没後、臨済宗の寺院となったものす。

義政公の法号慈照院殿にちなんで「慈照寺」と名付けられ、三代将軍義満公の造営による山荘北山殿の金閣寺(鹿苑寺)に対し、銀閣寺と称せられました。

銀閣寺と錦鏡池の写真 銀閣寺の俗称の通り、慈照寺の象徴というべきものが観音殿(銀閣・国宝)です。「銀閣寺」と言われていますが、銀箔で装飾されているわけではありません。

現存する室町期楼閣庭園建築の代表的建造物として名高く、また、観音殿とともに造営当時の遺構として現存するのが東求堂(国宝)です。

この堂は持仏堂、すなわち阿弥陀如来を祀る阿弥陀堂でした。堂内の四畳半書院「同仁斎」は、草庵茶室の源流、また四畳半の間取りの始まりと言われています。なお、銀閣寺は「世界遺産」にも登録されています。

2001年3月、撮影ばんばん