風のように

いつの間にか、風になった気がした。遠い夏のあの日・・・

ふと、激しかった日々を振り返える。

そう、グランプリはいつだって熱かった。スタート前のあの緊張感、のどが渇き、脈拍が上がる。何も聞こえなくなる。見えたのはただ1点、第1コーナーだけだった。。

これは、若き日に戦った全日本ロードレース選手権の中で、その瞬間を綴ったレース参戦記である。

若き日のレース参戦記

コーナーを攻める!