非推奨要素

本来 HTMLは、文書構造を示すマークアップ言語であり、整形処理を目指したものではありません。そのため、HTML4.01では、そうした見栄えに特化した整形処理用のタグを「非推奨」として定義しました。