初心者のためのホームページ作り:第37号

                   毎週金曜日配信 What's New 2003/1/31
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
           初心者のためのホームページ作り
           http://www.scollabo.com/banban/
                <第37号>

             banban@scollabo.com

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 当講座は、初心者や中級者が正しい文法と作法を身につけて、 プロ級の本格的
な Webページ作成に役立つことを目的に配信されております。

 当講座ではHTML4.01及び XHTML1.1 を中心とした文法が主体となっています。
なお、このマガジンは等幅フォントでお読みいただくと快適に読めるようになり
ます。

 今週の課題 ■ HTML基本 その3 --- マークアップ言語
       ■ XHTML講座 第3回 --- XMLを知る
       ■ HTML タグの解説 --- body要素

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆HTML基本 その3 マークアップ言語
HTML文書は、あくまで標準仕様のテキストです。そのため、どのようなプラット
フォームのOSや機械でも、テキスト文書を読むことができます。つまり、ブラウ
ザがなくても読めるのがテキストの大きな特徴です。

 ■HTMLの機能
  標準テキストで書かれたHTMLは、メタ言語として理解されます。
 メタとは、「追加され、あるいは変化する」とか「〜のようだ」という意味を
 持っており、標準的なテキストは Webブラウザによって「表現」という形で解
 釈され、指定されたとおりにレンダリング(描画)してくれます。

  「HTMLはプログラム」という人がいますが、それは間違いです。あくまでも
 テキストベースで記述されたメタ言語であるということです。

  マークアップというのは、「しるし付け」されたという意味で、標準テキス
 トの中で、「タグ」によってしるしが付けられます。
  この「しるし」というのがマークのことで、しるし付けされた文書をマーク
 アップ文書と呼びます。
  言語とは、「しるし」の言葉で、HTMLで定義された「しるし」を用いて作ら
 れた文書を、HTML(Hyper Text Markup Language)文書と呼びます。

  Hyper Text とは、他の文書を参照できる意味を持ち、WWWによってリンクす
 ることを可能にした機能を持っています。

  「タグ」と呼ばれるしるし付けの言葉は、文章や画像などをブラウザでどの
 ように表現するのかを細かく指定するためにあります。

  サーバからHTML文書を受け取った Webブラウザは、タグの意味を理解してモ
 ニター画面に、埋め込まれた文章や画像などをデータの頭から順次表示してい
 きます。
  このように考えると、HTMLは、表現を中心としたマークアップ言語であるこ
 とが理解できるます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆XHTML講座 第3回 XMLを知る

 XHTMLが XMLに適合した XMLのサブセットとして定義されたマークアップ言語で
あるということは、何度かお伝えしたとおりです。
 その意味でも、XHTMLをさらに拡張させるために、XMLを学んでおく必要があり
ます。今回の講座では、XMLについて簡単に取り上げます。
 初心者の方には少し難しい内容となっていますが、ここでは XMLとは何かを説
明しています。

■XML(eXtensible Markup Language)とは?
 XML仕様書には、「拡張可能なマーク付け言語(XML)はSGMLのサブセット」と
あります。この表現から分かるように XMLは SGMLと密接な関係があります。
 SGMLは処理パフォーマンスが悪く、規格書の文法定義が複雑で分かりにくかっ
たため、なかなか普及しませんでした。 XMLではこうした不要な機能を削除し、
整形式や名前空間などの新たな機能や概念を付け加え、SGMLを WWWで利用しよう
と企画されたマークアップ言語です。

 1996年、HTMLのバージョンが 3.0 だった頃、米国ボストンで開かれた SGMLカ
ンファレンスの席上で、W3Cから突如、XMLのワーキングドラフト(作業草案)が
提出されました。(HTMLを学んでいた制作者たちは度肝を抜かれました。)

 XMLドラフトの骨子
 ・SGMLを継承したサブセットとして位置づけられる
 ・複数のデータを構造化フォーマットとして記述する
 ・人が読んで理解できること
 ・プラットフォームやアプリケーションに依存しない

 ドラフト発表当時、インターネットが爆発的に普及することを前提とした XML
の提案は、企業間取引や異なるアプリケーション・データのやり取り、システム
間の融合などが課題だった多くの Web制作現場から歓迎されました。

 ■噛み砕いて説明しましょう。
  当時(1996年)、私はある企業の依頼でオンライン・ショッピングの Webサ
 イトの構築を任されていました。
  商品とそれに連動する CGIプログラムを組み込んで買い物カゴで入力される
 顧客のデータをサーバに持たせるシステムを考えました。

  そこで問題となったのがセキュリティで、データの流失を恐れ、サーバには
 一切顧客データを置かないようにしました。注文があると、担当者に自動的に
 メールが送られ、担当者は、別途基幹システムのデータベースに顧客情報とし
 て、メールから送られた情報を入力するという手間のかかる作業をすることに
 なりました。

  また、膨大な量の商品を季節の変わり目や、キャンペーン時には、その都度
 ページを更新しなくてはなりませんでした。これはコストのかかる作業です。

  もし、その時に Webサーバと基幹システムにあるデータベースが連動してい
 れば、担当者は単に商品の登録や変更、削除などを自分のパソコンからシステ
 ムにログオンして、データベース上で行えば、データベースから読み取られた
 商品登録を Webページとして更新し、消費者の入力するフォームをデータベー
 スのインターフェイスにすれば、担当者の入力作業を省くことができます。
  これを実現するのが XMLです。

  顧客の入力したデータ(情報)だけで、納期回答、納品伝票、請求書、在庫
 管理、入金処理などを一瞬にして実行することが可能になりました。
  サイト構築に際してのイニシャル・コスト(最初にかかる費用)は決して少
 なくありませんが、ランニング・コストを大幅に下げることに成功し、顧客か
 らの信頼も上がりました。
  当然 XMLが登場していなかったら実現不能であったことは否定できません。
 瞬く間に、多くのオンライン・ショッピング・サイトで利用されました。
  もしかしたら、読者の皆さんの中で、知らず知らず XMLに遭遇していたかも
 しれません。

 (注:実際にそのようなシステムを構築することは並大抵はありません。
    これを初心者が作成することは、常識的に考えて非常に困難です。
    ここでは XMLがどんな役目と機能を持っているかを解説しました。)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆XML文書のブラウザへのレンダリング(描画)
 おそらく読者の方の中にはご存知かもしれませんが XML文書はそのままでは、
Webブラウザで表示することができません。XMLは意味を主体としたマークアップ
言語であるため、最初から Webブラウザのレンダリングは考慮されていません。

■XML文書 --- sample_01.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  <magazine>
		  <book>初心者のためのホームページ作り</book>
		  <author>ばんばん</author>
		  <content>HTML &amp; XHTML講座</content>
  </magazine>

 HTML的に解釈すると、magazine要素というブロックレベル要素内に、book や 
 author、content という子要素があることが理解できます。
  しかしブラウザは、ここで登場した要素を理解できません。そのためにブラ
 ウザへ要素の意味を知らせる必要があります。通常、要素を整形する文書を指
 定するために XSLが必須です。

  XML用のスタイルシート言語を XSL(Extensible Stylesheet Language)と呼
 び、この XSL文書を読み込ませて Webブラウザへ出力します。

 スタイルシートというと、CSS(Cascading Style Sheet)を想像しますが、XML
  ではブラウザ用出力文書の XSLを指します。
  XMLでも CSSスタイルシートは利用できます。XSL文書の中で指定することに
 より従来の手法を使うことができます。
  (W3Cは、2001年11月、HTMLおよび XMLで利用可能な CSS Level 3 のドラフ
   トを発表、昨年2002年5月には、最終草案 Level 2.1 を発表しました。)

 XSL文書を XMLに取り込むために、XML文書の冒頭に以下のように記述します。

 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <?xml:stylesheet href="sample_01.xsl" type="text/xsl" ?>


■XSL文書 --- sample_01.xsl

  <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  <xsl:stylesheet xmlns:xsl="http://www.w3.org/TR/WD-xsl" 
   xmlns="http://www.scollabo.com/banban/xml/sample_01.dtd" result-ns="" 
   default-space="strip" indent-result="yes">
  <xsl:template match="*">
  <xsl:apply-templates/>
  </xsl:template>
  <xsl:template match="text()">
  <xsl:value-of select="."/>
  </xsl:template>
  <xsl:template match="/">

  <html>
  <head>
  <title>XML Sample_01</title>
  </head>

  <body>
  <h1>XML Sample_01</h1>
  <p>マガジン名:<xsl:apply-templates select="/magazine/book" /></p>
  <p>作者:<xsl:apply-templates select="/magazine/author" /></p>
  <p>内容:<xsl:apply-templates select="/magazine/content" /></p>
  </body>
  </html>

  </xsl:template>
  </xsl:stylesheet>

   XSLの中で、名前空間に独自に設定した DTDを指定しています。名前空間とは
 タグの意味を定義した位置を示す XML独自の属性です。今回は XSL文書の解説
 は行いません。

■名前空間に用いたDTD文書 --- sample_01.dtd

  <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  <!ELEMENT magazine (book,author,content)>
  <!ELEMENT book          (#PCDATA)>
  <!ELEMENT author        (#PCDATA)>
  <!ELEMENT content       (#PCDATA)>

  単純な要素を定義した DTD文書です。!ELEMENT は要素を定義します。
  magazine要素には、book、author、content の各子要素が定義されて、それぞ
 れの要素を1回だけ使用可能となっています。詳しい解説は省きます。
       ̄ ̄ ̄
  子要素に囲まれたデータは #PCDATA として処理されます。つまり、
    HTML & XHTML講座 とは記述できません。& が実体参照であるため、その
 ままでは #PCDATA では違反となりますので、 &amp; の実体参照符号を用いな
 ければなりません。

 実行結果
 http://www.scollabo.com/banban/magazine/xml/sample_01.xml

  (注:実行している XML文書には、XSLの中で CSSを利用しています。)
  XSLは Windows、Macintosh共に MSIE 5.0以降に対応しています。
    なお、Netscape、Opera、iCab などは未対応になっています、あしからず。


◆まとめ
何度も説明している通り XMLは意味を理解するマークアップ言語です。
 例えば、企業内の基幹システムやデータベースと連携したり、他のアプリケー
ションを理解して、そのためのユーザインターフェイスを構築したり、ユーザの
プラットフォームに依存することなく、実に様々なシーンで使われています。

 この意味からも XMLはブラウザに表示するためのマークアップ言語ではないと
いうことをご理解ください。

 (図:1)
     ┏━━━━━━┓
     ┃  基幹  ┃            ┏━━━━━━┓  ┏━━━┓
     ┃ システム ┃    ┏━━━┫  XML + XSL ┣━┫ 印刷 ┃
     ┣━━━━━━┫    ┃      ┗━━━━━━┛  ┗━━━┛
     ┃ ワープロ ┣━━┛
     ┗━━┳━━━┛            ┏━━━━━┓ 
               ┃                    ┃          ┃    ┏━━━━━━┓
          ┏━━┻━━━┓            ┃   WEB    ┃    ┃  Internet  ┃
     ┃ XML + Java ┣━━┓   ┃  Server  ┣━━┫ (ブラウザ) ┃
     ┗━━┳━━━┛   ┃      ┃          ┃    ┗━━━━━━┛
               ┃            ┃      ┗━━┳━━┛ 
     ┏━━┻━━━┓   ┃       ┃
     ┃      ┃    ┃       ┏━┻━┓  ┏━━━┓
     ┃ Datebase ┃    ┗━━━━┫  XML ┣━┫ DTD  ┃
     ┃ RDB/Oracle ┃             ┗━┳━┛  ┗━━━┛
     ┃      ┃                  ┃
     ┗━━━━━━┛             ┏━┻━┓  ┏━━━┓
                                       ┃  XSL ┣━┫ CSS  ┃
                                       ┗━━━┛  ┗━━━┛

  XMLは、通常 XMLパーサなどのソフトウェアによって解析されます。
 XMLは、そのままではブラウザへの表示が困難です。そのためにブラウザへの
 出力を整える必要があります。XSLはその役目を果たす文書です。

  つまり XSL文書は、XMLをどのようにブラウザに表示させるかを指示するス
  タイルシートである、ということが理解できるでしょう。
  また XSLは文書の整形を出力するので、ワープロで作られた文書の印刷レイ
  アウトにも使われることもあります。

 (注:)
 今回使用した XSL文書は、MSIE 5.0以降にも対応させるため XSL1.0 を採用し
 ています。現在は XSLT:XSL Transformations へと仕様が変わっています。

 ■DTD、XSL文書
 講座では DTDや XSLの作成の方法を予定しています。今回は XMLが何であるか
  を簡単に説明しました。当講座では XMLの作成は予定していませんが、読者の
 皆さんからのリクエストによっては考えます。
  XHTML文書は XMLと同じ機能を持っています。今回説明した DTD、XSLも同じ
 ように利用することができます。本講座では XHTMLを中心に作成の解説を準備
 しています。ご期待ください。

◆付記:SGMLを頂点とする各サブセット概略図

                        SGML
         ┏━━━━━━━┻━━━━━━━┓
         ┣━ HTML 1                    XML
         ┣━ HTML 2           ┏━━━━┻━━━━┓
         ┣━ HTML 3/3.2       ┣━ XHTML 1.0      ┣━ XSL
         ┗━ HTML4/4.01       ┣━ XHTML 1.1      ┣━ XSLT
                               ┗━ XHTML Basic    ┣━ XSLT-FO
                                                   ┣━ MashML
                                                   ┣━ SVG
                                                   ┗━ その他スキーマ

 ※現在、XHTML 2.0、XML 2.0 などが準備されており、今年にリリースされる
  のではないかと言われています。
  HTMLには変化がありませんが、CSS Level 3 が正式に勧告されれば、若干の
  変更があると予想されていますが、HTMLは 4.01が最終版とされています。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆XMLの可能性
 ここで1つの疑問があります。SGMLの複雑さや Webパフォーマンスの悪さを大
きく変え、一般的なマークアップ言語としてHTMLが登場したというのに、何故、
またより複雑な XMLを作らなければならなかったのでしょうか?

 上記の XML文書を考えれば、HTMLだけでもより優れた表現が可能なはずです。
しかし、図1にあるように、データベースから検索されて抽出したデータを表示
させるためには XMLは不可欠です。

 インターネットの爆発的な普及に伴い、企業にとってビジネスチャンスが大き
く広がりました。
 VAN(広域付加価値通信網)や、EDI(企業間取引)が加速する中で、インター
ネットという共通のインフラ、あるいはリソースの活用が叫ばれ、今までにない
新しいマークアップ言語 XMLの登場は、特定のソフトウェアやハードウェアに依
存しない展開が可能になったことは、コストの大幅削減に大きく寄与しました。

 遠く離れた場所から、ブラウザだけでデータベースや基幹システムにアクセス
して、リアルタイムに業務を遂行することのできる処理能力を持った XMLの今後
の可能性は果てしないものがあるといえるでしょう。

 HTMLが Web上で表現を主体としたマークアップ言語ならば XMLはアプリケーシ
ョン間でデータを活用するマークアップ言語です。
  XMLは、システムやアプリケーション間で XMLパーサを通じて、データのやり
取りを行うことができるように設計されています。

 既に日本国内で、出版社、印刷会社など136社で構成する日本電子出版協会が、
XMLベースの電子書籍フォーマット「JEPAX」を策定し、プラットフォームに依存
しない新たな標準を築こうとしています。

 Jepaxサイト http://www.jepax.org/


◆XMLの個人使用
個人で XMLを利用した Webサービスやアプリケーション・サービスを行うという
のは現実的ではありません。(不可能ではないが・・)
 将来性を考慮するならば、XHTMLをマスターすることが一番有利と考えます。

 XHTMLは、XMLの機能を十分に利用することが可能であり、HTMLの最大の機能で
ある表現力も兼ね備えています。Web とアプリケーションを融合することも可能
であるため、非常に汎用性の高く融通性に優れたマークアップ言語でしょう。

 ■ 次回の XHTML講座では、XHTMLで利用する名前空間について解説します。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆HTML タグの解説 body要素

 body要素は、ルート要素(html)から2つに分けられた1つの要素です。
 子要素として持てる要素: meta、link、title、style 以外すべての要素
  属性:非推奨( text、link、alink、vkink、background、bgcolor )
      推奨( id、class、style )
 終了タグ:必須ではありませんが、記述することを推奨します。

 body要素は、コンテンツを配置するいわば本体に当たります。この要素は、コ
 ンテンツを配置する各要素の最上位要素で、1度だけ記述します。
  スタイルシートは、すべてこの要素内にある要素に対して機能します。

  分かりやすく説明すると、絵を描くキャンバスに例えられます。
 HTML制作者は、bodyという名のキャンバスに、思い通りの絵を配置することに
 なります。当然のことですが、複数の body要素は認められていません。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

今回はここまで、ではでは・・
今週のおさらいは Webページにも掲載しましたので、是非見ておいてください。
Webページでは HTML文の実行結果のサンプルもあり、より分かりやすく説明して
います。あわせて過去の記事のおさらいも掲載しています。

(今週のおさらい)
http://www.scollabo.com/banban/magazine/review_037.html

次回は、XHTMLの実践(名前空間の利用)について詳しく解説します。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆新種ワーム:Slammer騒動の影で
先日(25日)、世界的なレベルでインターネットへの接続障害が発生しました。
当日の朝一番(と言っても、起床したのがお昼過ぎ)でメールを受信していた時
異常に遅く10数通のメールの受信に何と10分以上かかってしまいました。

 これといって容量の大きい添付ファイルがあるわけでなく、どうしたことだろ
うと回線や LANカード、ケーブルなどをチェックしたのですが、まったく異常が
ありません。ルータに目をやると、受信を示すインジケーターが激しく点滅し止
まる気配もありません。「こりゃあ、サイバーアタックだな」と気づいたのです
が、とりあえず攻撃によってどんな被害を受けたのかを調べることにしました。

 回線を切断し、片っ端からシステムファイルやデータなどを調べたのですが、
アタックを仕掛けられた形跡がありません。しかし、大量のデータが送り続けら
れており Webサーバにアクセスするのが困難な状況が暫く続きました。

 夕方、テレビのニュースで始めて、世界的規模で障害が発生していることを知
り、なるほどとうなづいたものです。特に、お隣韓国ではダメージがひどかった
ようで、数日間やられっぱなしの状態が続きました。

 マイクロソフト社の SQLデータベースはその扱い易さに人気があり、多くの企
業の基幹システムに組み込まれています。特にオンライン・ショッピングのサイ
トでは、顧客情報や商品情報をデータベースに組み込んでいます。
 今回は 「Slammer:スラマー」というワームで、この SQLサーバが狙われたの
ですが、感染したサーバからさらに他の SQLサーバにワームを送り、大量の信号
を送り出すという悪さを行いました。

 このウイルスは、バックドア(裏口)を作るためにプログラムを書き換えたり
データを破壊したりするわけではなく、比較的怖くないものですが、自己増殖の
スピードが速く、感染した多くのサーバが信号を発したために、ネットワークの
トラフィック(渋滞)を起こし、繋がりにくい症状が長時間続きました。

 ちなみに、当方のサーバは UNIX系を採用しており、SQLデータベースは置いて
いなかったので被害はまったくありませんでしたが、接続が困難な状態が長時間
続いたことは、被害といえば被害といえるでしょう。
 せっかくの貴重な休日の時間が何もできないままに終わってしまったことには
実に腹立たしいことです。

 韓国の被害が大きかった理由は、セキュリティの対応と違法コピーにありまし
た。昨年8月に SQLサーバの脆弱性が挙げられおり、マイクロソフト社からパッ
チが出ていたにもかかわらず、韓国における多くの企業で無視されていた最大の
理由は、SQL Server 2000 を組み込む約80%が違法コピーといわれて、違法が発
覚するのを恐れてパッチを当てず放置されていたことが挙げられています。
 しかし、現実的には国としての違法コピーの取り締まりやセキュリティに対す
る関心が、いかに低下していることかと思い知らされた事件でもありました。

 ご存知のように、韓国は世界でも有数のIT大国です。韓国人口の約75%に当た
る所帯数がブロードバンドを利用していると推測されています。
 しかし、政府主導の量的な拡大の中で、モラルやセキュリティという質的な成
長が伴わなかったことが、今回の大きな被害になってしまったと予想できますが
決して対岸の火事をはいえない問題です。

 もっとも、米国マイクロソフト本社ですら、パッチを当てずしっかり感染して
しまうのは笑える話です。その2日前にはビル・ゲイツ会長自身から「信頼でき
るコンピューティング環境構想」の発表から1周年を祝うメールでも、セキュリ
ティを高める上で、パッチは必ず当てようと呼びかけてた直後の出来事でした。

 ビル・ゲイツ会長からのメール
 http://www.microsoft.com/mscorp/execmail/

 インターネットに繋がっているコンピューターの数は天文学的数字になってい
ます。ネットワークは、時間や距離を超越し、あたかも隣にあるコンピューター
のようです。もし、1台のコンピューターが何等かのウィルスに感染してしまっ
たら、その影響はネットワーク全体に波及します。
 つまり、今回の事件が指摘する教訓とは韓国だけの問題ではなく、常に危険に
さらされているネットワーク利用者全員の共通の問題でもあることを認識しなく
てはいけません。ネットに安全はありません。

(Tips)ワーム Worm
 「ワーム」とはメモリに常駐し自己増殖を繰り返して、ネットワークで接続さ
 れたマシンへ自動的に感染を広げる単独のプログラムのことを指します。一般
 的なウィルスは、ユーザの操作によって発症する場合が多く、その意味でワー
 ムはウィルスと区別されていますが、最近は、ワーム型ウィルスと呼ばれるよ
 うになりました。

 追伸:
 「Slammer」に感染したサーバからの信号は、まだ止まっていません。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

質問・ご意見ははこちらまで→ banban@scollabo.com
なお、ご質問の際には、お使いのOS、通常使っているブラウザ、使っているテキ
ストエディタなど、なるべく分かりやすく制作環境を明記していただけると回答
しやすくなると思います。
 ただし、平日の昼間は会社勤めなので、返事が遅れることがあります。ご了承
ください。

発行者 ばんばん
協 力 スズキ・コラボレーション http://www.scollabo.com/
配信エンジン まぐまぐ http://www.mag2.com/  (ID 0000090196)

誤字・脱字・変換ミス・表現欠乏などには平にご容赦願います。なお、マガジン
のすべての記述に誤りや重大なスペルミスがある場合、叱咤と罵声と共に私まで
突きつけていただくと幸いに思います。

バックナンバー こちらで公開しています。
プレーンテキスト  http://www.scollabo.com/banban/magazine/magazine.html
各号のおさらい  http://www.scollabo.com/banban/magazine/
アーカイブ    http://www.scollabo.com/banban/daf/archive.html
講座教材     http://www.scollabo.com/banban/daf/material.html
まぐまぐの過去記事 http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000090196

配信の変更・中止はこちらです。
個別の手続きは受け付けていませんので、ご面倒でも各自でお願いできれば助か
ります。
当サイトにて http://www.scollabo.com/banban/magazine/top.html
まぐまぐにて http://www.mag2.com/m/0000090196.htm

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

<えでぃた〜ず・るーむ>
マイクロソフトが Windows Mediaシリーズの最新版「Windows Media 9 シリーズ
日本語版」の提供を開始したニュースは、多くの方がご存知と思います。
 私は昨年の11月ごろに、ベータ版をインストールしたのですが、日本語が使え
るならと、早速ダウンロードしました。

 高画質、高音質、ブロードバンド対応という触れ込みで、映画再生には 5.1チ
ャンネルのサラウンドをサポートしているとのことです。ただし、Windows95/98
はサポートされず、Windows98SE/Me以上が対象とのこと。
 確かに、画質の向上は凄く、下手な画像はすぐに見破られてしまうので、制作
者にとっては泣かされそうです。

 でも、よくよく考えてみると、自宅でビデオや DVDを見る場合は楽な姿勢、例
えば、コタツで寝転んだりして鑑賞しています。机の上にあるパソコンのディス
プレイで長時間の映画鑑賞は、考えてもゾッとします。私にはせいぜい予告編ま
でが我慢できる範囲だと思いますが、皆さんはいかがですか?

 1月が終わって今が冬のピーク、まだまだ寒さに耐えなければ・・

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 お知らせ
 明後日(2月2日)の午前2時より午前7時まで、当 Webサイトのメンテナンスを
 行います。バックバーンの回線増設メンテの工事を行いますので、この時間帯
 での Webサーバにはアクセスできなくなります。ご了承ください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆著作権について
個人がご自分のPCに保存して利用する以外の記事の転載、引用は基本的に応じ
ておりません。記事中の内容について、無断で使用することを固く禁じます。
 なお、記事中のスタイルシート、HTMLをご自分のページ作成に自由に使ってい
ただいても差し支えありません。

            Copyright(C) 2002-2003  www.scollabo.com/banban/
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



Copyright(C) 2002-3003 banban@scollabo.com