フレームの作法

フレームは、W3Cのアクセシビリティ・ガイドラインによると、必ず代替のページまたは、その内容が分かるものを用意しなくてはなりません。

そのためには、noframes要素を利用して、代わりとなるページへのリンク、あるいはテキストを表示させるようにしましょう。
<noframes>
<body>
このページはフレームで構成されています。フレーム未対応のブラウザは
こちらのページにお進みください。
<a href="another.html">フレーム未対応のページ</a>
</body>
</noframes>