■ 絶対位置

この節では、配置のコントロールの1つの手段とする「絶対位置」について解説します。

「絶対位置」の指定は、使い方によって、テーブルなどを使わないで、魅力的なレイアウトを構築することができます。

絶対位置
コンテンツを最初から位置を指定する「絶対位置」とは、ブラウザ画面の座標を指定して、そこにコンテンツを配置する方法で、スタイルシートだけで実現する機能です。
絶対位置の指定は、スタイルシートによる position属性を使います。
具体的な position属性の値とその機能は以下のとおりです。
position属性の値とその機能
機能
absolute ひとつ外側のボックスからの絶対位置で配置する
relative 標準の位置からの相対位置で配置する
static 配置方法を指定しない標準の状態に設定する (デフォルト)
fixed ひとつ外側のボックスからの位置で配置し固定する
この属性値の中でabsolute を使うことで、絶対位置になります。ただし、その場合、同じくスタイルシートで、top属性などを使って、実際の座標を指定しなければなりません。
具体的には、
 position属性  絶対位置を定義する
 top属性     画面の上からの位置を指定する
 left属性    画面の右からの位置を指定する
などというように、コンテンツを表示させる位置を指定することが求められます。
実際のサンプルをご覧下さい。ブロックレベル要素を左右に、それぞれ絶対位置指定で表現しています。 絶対位置指定のサンプル


This Page is HTML4.01 Valid! 初版公開日 2002年9月5日   最新更新日 2004年3月7日
Copyright(C) 2002〜2008 banban