JavaScript Reference

関連オブジェクト : Date
タイプ : メソッド
書式
 日付オブジェクト.getUTCHours()
サンプル
today = new Date();
 myDate = today.getUTCHours();
  document.write("現在の世界協定時間は " + myDate + "時です");
世界協定時間の現在の時間を、24時間表記で参照します。そのため、返される値は 0〜23 となります。日本時間とは、9時間の開きがあります。
Dateオブジェクトを使って日付や時間などを参照するためには、必ず newステートメントで、日付オブジェクトを生成する必要があります。
結果


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003年6月1日   最新更新日 2004年4月4日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com