Stringオブジェクト

Stringオブジェクトは、文字列を扱うオブジェクトです。文字列に対して修飾や検索などの操作を行ったりします。文字列オブジェクトを作成するには、newステートメントを使用しますが、通常は明示的にこのオブジェクトを作成する必要はありません。

Stringオブジェクトのメソッド一覧
Stringオブジェクトのメソッドとその機能
メソッド 機能
anchor 文字列にアンカーを設定する
big 文字列のサイズを大きくする
blink 文字列を点滅させる
bold 文字列を強調文字にする
charAt 指定した位置の1文字を抜き出す
charCodeAt 指定した位置の文字の文字コードを返す (2バイト文字も可能)
concat 文字列と文字列を連結する
find ドキュメントから文字列を検索する (ウィンドウの「検索」ボタンと同等の処理を行う)
fixed 文字列を等副フォントに変換する
fontcolor 文字列の文字色を設定する
fontsize 文字列の文字サイズを設定する
fontCharCode アスキーコードを文字に変換する (カンマで区切って複数指定できる)
indexOf 指定した文字列を検索する
italics 文字列の字体を斜体 (イタリック) にする
lastIndexOf 指定した文字列を文字列の末尾から検索する
length 文字列の文字列長を返す (文字数を返す)
link 文字列にリンク先を設定する
match 正規表現による検索を行い、一致した文字列を返す
replace 文字列を指定した文字列に置き換える
search 一致する文字列があるか調べ見つかった位置を返す
slice 指定した範囲の文字列を抜き出す
small 文字列のサイズを小さくする
split 文字列を区切り文字で分割し、配列として返す
strike 文字列に抹消線を設定する
sub 文字列を下付き文字に設定する
substr 非公開命令で、指定された位置から指定数文の文字列を抜き出す
substring 指定した範囲の文字列を抜き出す
sup 文字列を上付き文字に設定する
toLowCase アルファベット文字列をすべて小文字に変換する
toUppreCase アルファベット文字列をすべて大文字に変換する


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003年2月11日   最新更新日 2004年3月11日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com