Dateオブジェクト

Dateオブジェクトは、日付や時間などを扱うためのメソッドが定義されており、これらを使用することで、時間の計算や日付の換算等を簡単に行うことができます。

Dateオブジェクトを作成する際のパラメータ

 ・パラメータなし
  現在の日付、時刻のオブジェクトを作成 
   例:today = new Date();

  ・"Month day,year hours:minutes:second" の作成
   例:myBirth = new Date("April 28,2002 06:30:00");

 ・年、月、日を表す1組の整数
   例:myBirth = new Date (02,4,28);

Dateオブジェクトの値の取る範囲

Dateオブジェクトで利用する日付や時間のパラメータは以下のように定義されています。各プロパティやメソッドを利用する際に使われます。

パラメータ 範囲
分、秒 0〜59
時間 0〜23
曜日 0〜6(セット不可)
1〜31
0(1月)〜11(12月)
西暦の下2桁
Dateオブジェクトのメソッド一覧
Dateオブジェクトのメソッドとその機能
メソッド 機能
getDate 日にちを参照する
getDay 曜日を参照する(0〜6、日曜〜土曜)
getFullYear 4桁の西暦年を参照する
getHours 現在の時間を参照する
getMilliseconds ミリ秒(1000=1秒)を参照する
getMinutes 分を参照する
getMonth 月を参照する(0〜11、1月〜12月)
getSeconds 秒を参照する
getTime 1970年1月1日午前0時からの経過時間(秒数)を参照する
getTimezoneOffset 世界協定時間との時差を参照する
getUTCDate 世界協定時間の日にちを参照する
getUTCDay 世界協定時間の曜日を参照する(0〜6、日曜〜土曜)
getUTCFullYear 世界協定時間の4桁の西暦年を参照する
getUTCHours 世界協定時間の現在の時間を参照する
getUTCMilliseconds 世界協定時間のミリ秒(1000=1秒)を参照する
getUTCMinutes 世界協定時間の分を参照する
getUTCMonth 世界協定時間の月を参照する(0〜11、1月〜12月)
getUTCSeconds 世界協定時間の秒を参照する
getYear 年(西暦の下2桁)を参照する
parse 1970年1月1日午前0時から指定した日付までの経過秒数を参照
setDate 日にちを設定する
setFullYear 4桁の西暦年を設定する
setHours 現在の時間を設定する
setMilliseconds ミリ秒(1000=1秒)を設定する
setMinutes 分を設定する
setMonth 月を設定する(0〜11、1月〜12月)
setSeconds 秒を設定する
setTime 1970年1月1日午前0時からの経過時間(秒数)を設定する
setUTCDate 世界協定時間の日にちを設定する
setUTCFullYear 世界協定時間の4桁の西暦年を設定する
setUTCHours 世界協定時間の現在の時間を設定する
setUTCMilliseconds 世界協定時間のミリ秒(1000=1秒)を設定する
setUTCMinutes 世界協定時間の分を設定する
setUTCMonth 世界協定時間の月を設定する(0〜11、1月〜12月)
setUTCSeconds 世界協定時間の秒を設定する
setYear 年(西暦の下2桁)を設定する
toGMTString グリニッジ(GMT)標準時間を文字列として参照する
toLocalString ローカル(地域別)時間を文字列として参照する
toUTCString 世界協定(UTC)時間を文字列として参照する
UTC 1970年1月1日午前0時から指定した日付までの経過秒数を参照


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003年2月11日   最新更新日 2004年3月11日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com