Appletオブジェクト

Appletオブジェクトは、ドキュメントに含まれる Javaアプレットを参照します。

Javaアプレットを作成する際に、プログラム中で、public宣言された関数は、JavaScriptからその関数を呼び出すことによって制御することが可能です。

なお、同位オブジェクトには以下の5つが含まれています。

AnchorAreaImageLinkForm

Appletオブジェクトのプロパティ一覧
Appletオブジェクトのプロパティとその機能
プロパティ 機能
length ドキュメントが持っている全Javaアプレットの数を参照する


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003年2月11日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com