windowオブジェクト

windowオブジェクトは、JavaScriptのオブジェクト階層の最上位に位置し、画面上に表示されているすべてのオブジェクトの親となるオブジェクトです。

なお、下位オブジェクトには以下の4つが含まれています。

locationhistorydocumentFrame

windowオブジェクトのプロパティ一覧
windowオブジェクトのプロパティとその機能
プロパティ 機能
defaultStatus ステータスバーに表示されるデフォルトのメッセージ
status ステータスバーに表示中のメッセージ
name 表示されているウィンドウ名を取得する
opener 新たに開かれたウィンドウから見た親ウィンドウを参照
length ウィンドウに表示されるフレームの総数を取得する
closed ウィンドウが閉じられていた場合に真、開いていた場合には偽を返す
windowオブジェクトのメソッド一覧
windowオブジェクトのメソッドとその機能
メソッド 機能
alert 警告のダイヤログボックスを表示する
blur 現在表示中のウィンドウを背面に移動する
clearInterval setIntervalで設定したタイマーを解除する
clearTimeout setTimeoutで設定したタイマーを解除する
close 現在表示中のウィンドウを閉じる
confirm 確認ダイヤログボックスで真 (ture) か、偽 (false) の値を参照
focus 背面にあるウィンドウを前面に移動する
moveBy ウィンドウの表示位置を指定した座標に移動させる
moveTo ウィンドウの表示位置を指定した距離まで移動させる
open 新たなウィンドウを開く
prompt 入力ウィンドウを表示し、ユーザからの入力を取り込む
resizeBy 現在のウィンドウサイズを指定した分だけ変更させる
resizeTo 現在のウィンドウサイズの幅と高さを変更する
scroll 現在表示中のページの指定した位置までスクロールさせる
scrollBy 現在表示中のページの指定した位置までスクロールさせる
scrollTo 現在表示中のページの指定した距離までスクロールさせる
setInterval 一定時間毎に処理するタイマーの設定
setTimeout 一定時間後に処理するタイマーの設定


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003年2月11日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com