◆ 雪を降らせる

雪を降らせる
雪を降らせるには、あらかじめ配列を設定する必要があります。配列に座標を代入し、タイマーを使って座標を加算し雪を移動させます。

初めに雪の数を「document write」を使ってimg要素で出力させます。この時にname属性で雪に番号をつけておきます。

なお、Netscapeは6.0のみ表示が可能となっています。7.0プレビュー版ではおかしな動きがあります。あしからず。

Sample   ← 雪を降らせているページです。(ものすごく苦労しました。)

JavaScriptサンプルソース
<body onLoad="setInterval('moveSnow()',100)" style="background-color:#000">
<script type="text/javascript">
<--
sx=new Array(); sy=new Array(); sp=new Array(); num =25;
scrnx=800; scrny=600;
for(i=0;i<num;i++)
{
  sx[i]=Math.floor(Math.random()*scrnx);
  sy[i]=Math.floor(Math.random()*scrny);
  sp[i]=Math.floor(Math.random()*5)+1;
  document.write("<img src='snow.gif' style='position:absolute;"
     +"width:15px;height:15px;z-index:1;top:"
     +sy[i]+"px;left:"+sx[i]+"px;'name='snow"+i+"'>");
}
function moveSnow()
  {
    for(i=0;i<num;i++)
     {
       sy[i]+=sp[i];
       if(sy[i]>scrny) sy[i]=-10;
       document.images["snow"+i].style.top =sy[i];
      }
}
//-->
</script>
</body>


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002/8/17
Copyright(C) banban@scollabo.com