オブジェクト

JavaScriptは構造の簡単なオブジェクト指向として開発されています。そのため、Javaほど高度なオブジェクト指向言語的な利用はできません。しかし、ブラウザで標準実装されているオブジェクトを容易に利用できるほか、新たに自分でオブジェクトを定義するようなことも簡単にできます。

オブジェクト
JavaScriptでは、ウィンドウ、ドキュメント、フォーム、文字列など、ぺ一ジの表示に関わるさまざまなモノを制御します。これらのモノはすべて「オブジェクト」と呼ばれます。それぞれのオブジェクトには、状態を変更するための「プロパティ」や、命令を実行するための「メソッド」が多数用意されています。
プロパティ
プロパティとは、オブジェクトの属性です。たとえば、document (ドキュメント) オブジェクトにはドキュメントの背景色や文字色、ドキュメントの URI、タイトル、ドメインなどの属牲があります。これらをスクリプトを使って参照または設定することによって、ページの背景色を変えたり、別のページに移動させるなどの動作を実現できます。
メソッド
メソッドとは、あらかじめ用意されている命令です。JavaScriptには、オブジェクトごとにさまざまなメソッドがあります。たとえば、文字列オブジェクトには文字列の色やサイズを変更したり、文字列の検索や分割を行ったりするメソッドがあります。メソッドを使用する際には、必要に応じてカッコ内に引数を指定します。


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002年7月14日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com