JavaScriptの演算子

JavaScript には計算や比較に利用するざまざまな 演算子があります。大きく分けて、四則演算を行う「算術演算子」、数値をビットとして扱う「ビット演算子」、if 構文などで複数の条件を扱う際に便用する「論埋演算子」、数値の大小を比較する「比較演算子」、演算の結果を変数に代入する「代入演算子」です。それぞれについて、例を挙げながら簡単に説明します。

算術演算子
加算、滅算、乗算、除算、および除算の余りを求める演算子です。数値の計算に使用します。なお、日常的な計算においては、
11 + 8 = 19
のように使用しますが、JavaScriptでは多くの場合、代入演算子を使用して、
a = 11 + 8;
のように変数に計算の結果を代入します。
ビット演算子
ビット演算子では式の数値を32ビットの整数と見なして演算を行います。
たとえば、
12 & 5 は 4(1100 & 0101 = 0100)
12 | 5 は 13(110010101 = 1101)
のようになります。
論理演算子
「両方が正しい」、「どちらか一方が正しい」、「正しくない」など、条件を判別するための演算子です。主に if構文の条件式に使用します。また、多くの場合は比較演算子と組み合わせて、
  if ( a > 5 && b >= 10 ){
            // a が 5以上、b が 10以上の場合の処理
  }
のように使用します。
比較演算子
2つの値の比較を行う演算子です。数値の大小を比較したり、文字列が一致するかどうかを調べたり、値が true と false のどちらであるかを調べたりする際に使用します。
結果は true または false のいずれかになり、さまざまな構文の条件式に使用されます。
以下に if構文での例を示します。
if ( a < 10 ){
       // aが 10以下の場合の処理
}
if ( name ! = ""){
       // 変数 nameが、空白文字ではない場合の処理
}
 if ( res == true ){
       // 変数 resの値が trueである場合の処理
}
代入演算子(複合代入)
JavaScriptにおける = は、左辺の変数に右辺の値を代入するためのものです。たとえば、
a = 12 + 5;
name = "初心者のための" + "ホームページ作り";
このように数値を加算したり文字列の結合結果を代入したりします。代入演算子を組み合わせることにより、以下のような文字列の連結もできます。
name = "初心者のための" + "ホームページ作り";
name += "サイト"
この場合、name の値は "初心者のためのホームページ作りサイト" となる
このような使い方は、ビット演算子についても同様に記述できます。


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002年7月14日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com