JavaScriptの仕組み

通常、ブラウザに表示させたいドキュメントは HTMLで書かれ、ユーザエージェント (Webブラウザなど) のリクエストによって、HTTPサーバーに送られ、サーバーがそのリクエストに応じてデータの中身を変更せずにテキストデータとして転送されます。

Webブラウザは受け取ったデータに埋め込まれているマークアップされた情報を元に、ユーザの画面にテキストを表示し、レイアウトを整えます。画像データやアプレットなどが存在する場合は、これと平行してバイナリデータを指定された URI から HTTPを経由して転送し、所定の場所に表示します。

どのようにしてJavaScriptは実行されるのか
JavaScript のプログラムはテキストで記述され、HTML文書に埋め込まれます。そのため、Javaのようなコンパイラを使用して実行可能なオブジェクトに変換する必要がなく、CGIのようにサーバにプログラムを置く必要もありません。
JavaScriptのプログラムは、HTMLと同時にブラウザに送られ、受信したデータの行から逐次 Webブラウザ上で実行されます。ただし、ブラウザ側が JavaScriptを実行可能な状態でなければなりません。
JavaとJavaScript
JavaScriptは、厳密な型チェックや豊富な構文、制御文をもたない、単純な構造のオブジェクト指向言語です。そのため、JavaScriptJavaの置き換えのような用途に使用するのではなく、Javaアプレットの機能の一部を補うような用途に利用するための言語といえます。
Java は高速にプログラムを実行したり、厳密な型チェックやセキュリティ保全を行いつつ、ネットワーク上で使用可能なように設計された高機能な言語です。Java でのプログラミングは、すでに備わっているクラスを組み合わせたり、差分をプログラムしたりして行われます。そのため、プログラミングに際してクラスについての広範囲な知識や厳密な文法などの知識が必要とされます。
JavaScript はこれとは対照的に、シンプルで小さなクラス階層として定義されたオブジェクト群を、動的に使用可能にする言語です。やさしい構文、提供される数々の機能やオブジェクト、必要最小限の定義でプログラムが作成できるなどのことから、幅広いユーザが手軽に使用できるプログラミング言語となっています。


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002年7月14日
Copyright(C) 2002-2004 banban@scollabo.com