ビルトイン関数 (Built-in Function)

ビルトイン関数とは、JavaScriptで最初から組み込まれている関数のことで、実際にはどのオブジェクトにも属さない処理を実行するプログラムを持っています。この関数を利用することで、別途プログラムを記述することなく処理することができます。

escape
escape関数は指定した値 (文字列) を ISO Lathin 1 (ASCII) 文字コードにエンコードして返します。
構文: escape(string)  string=変換対象の文字列
eval
eval関数は、文字列を引数として渡されることで、その文字列を評価して結果を数値に返します。また、この文字列の中には、様々なJavaScriptのプロパティやメソッドなども記述することもできるので、何らかの算術式等を渡して、その結果を得るような用途に用いられます。
構文: eval(string)   string=JavaScriptを含んだ文字列
isFinite
isFinite関数は、eval関数で指定される文字列を解析し、数値や数式なら真 (true)、それ以外ならば偽 (fales) を返します。
構文: isFinite(Number)  Number=調べる対象の文字列
isNaN
isNaN関数は、指定された値を解析して数値に変換し、変換できないものは NaN(Not a number:数字ではない) を返します。
構文: isNaN(valur)  Number=調べる対象の値
parseFloat
parseFloat関数は、与えられた文字型の引数を実数値に変換して返します。与えられた引数の中に、符号や数値、小数点以外のものが含まれた場合、先頭から解析して変換不能な文字に当たった場所までの値を変換して返します。
なお、先頭の文字が既に変換不能であった場合の変換結果は NaN(Not a number)になります。
構文: parseFloat(number)  Number=変換対象の文字列
parseInt
parseInt関数は、引数として与えられた文字列を解析し、指定された値を根とする整数に変換して返します。例えば、8進数で表された「10」を引数として与えると、答えは 8に、16進数で表されている「10」を引数として与えると 16を返します。
なお、16進数の場合、0〜9移行の数字はそれぞれ A〜Fまでのアルファベットが使用されます。そして変換不可能な文字が存在していた場合、先頭から変換して変換不能な文字に当たった場所までの数値を返し、先頭にこのような文字がある場合は NaN(Not a number) を返します。また、整数値を変換する際には、小数点以下の数値は切捨てが行われます。
構文: parseInt(string[,radix])  string=文字列 radix=基数
String
String関数は、指定された値やオブジェクトを文字列に変換します。
構文: String(obj)  obj=変換対象のオブジェクト
unescape
unescape関数は指定した ISO Lathin 1 (ASCII) 文字コードを、文字列にエンコードして返します。
構文: escape(string)  string=変換対象の ASCII文字列


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2003年2月11日   最新更新日 2004年3月11日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com