HTML4.01 Reference

<table> 〜 </table> 表組タグ
要素タイプ : ブロックレベル要素
DTD : HTML4.01 Strict(厳格仕様)
終了タグ : 必須
語源 : Table 卓、テーブル
属性及び属性値 : width="横幅"
border="枠線の太さ"
summary="表の概要"
frame="外枠の形式"
rules="セルの区切り線"
cellpadding="セルの内側の余白"
cellspacing="セルの外側の余白"
align="位置" 非推奨
bgcolor="背景色" 非推奨
汎用属性
配置可能な子要素 : captioncolcolgrouptbodytfoottheadtr
タグの説明
この要素に囲まれたを表組(テーブル)として定義します。表を構成するセルは、すべてこの要素内で配置されます。

使用方法
<table cellpadding="3" cellspacing="0" border="1" summary="sample">
<tbody>
  <tr><td>セル</td><td>セル</td><td>セル</td><td>セル</td></tr>
  <tr><td>セル</td><td>セル</td><td>セル</td><td>セル</td></tr>
  <tr><td>セル</td><td>セル</td><td>セル</td><td>セル</td></tr>
</tbody>
</table>
実行結果
セルセルセルセル
セルセルセルセル
セルセルセルセル
レイアウトを目的にして table要素を利用した場合、非視覚系ブラウザではその情報が正しくレンダリングできない可能性があります。W3C では、テーブルをレイアウトに使わないよう強く勧告しています。
また、枠線を表示する表組の場合には、表題となる caption要素を記述するように求められています。
Webブラウザの種類によっては、この要素内のすべてのデータが読み込まれないと何も表示しない場合もあります。特にネスティング(入れ子)によって構成する巨大テーブルを組み場合、その点に配慮した設計を心がけましょう。


This Page is HTML4.01 Valid! 初版公開日 2003年8月17日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com