◆ 環境変数 Environment Variable

環境変数とは大雑把に言うと、「環境変数とは、いろいろなアプリケーションが参照するための定義」です。

Perl では、%ENV という特殊なハッシュ関数に格納され、この変数を通常の変数のように利用することで、環境変数を参照することができます。

環境変数一覧
ここでは、主な環境変数について簡単に説明しています。実際の Webサーバの設定や、その時の状態によって得られる環境変数に違いがありますので、すべての Webサーバでもこれらの情報が得られるわけではありません。その点に留意してください。
環境変数一覧
変数機能
CONTENT_TYPE データのMIMEコンテンツタイプを示します。
CONTENT_LENGTH POSTによってデータを標準入力から送る場合、そのデータのバイト数を参照します。フォームで method="post" にした場合、フォームデータのバイト数を格納することができます。
HTTP_REFERER このページを呼び出したリンク元の URIを格納します。直接入力あるいはブックマークから呼び出した場合には何も入りません。
DOCUMENT_ROOT そのドメイン(ホスト)のサーバ上のディレクトリがフルパスで格納されます。
GATEWAY_INTERFACE サーバで使用している CGIのバージョンを格納します。
HTTP_USER_AGENT ユーザエージェント名を格納します。
REMOTE_ADDR ユーザ側のマシンの IPアドレスを格納します。ダイヤルアップ接続の場合は、その時接続されているプロバイダ側の IPアドレスです。
REMOTE_HOST REMOTE_ADDR に対応するホスト名を格納します。
REMOTE_USER 認証機能で得たユーザー名を格納します。
REQUEST_METHOD サーバへの要求方法 (GET または POST) を格納します。
SCRIPT_FILENAME 呼び出した CGIプログラム名をサーバ上のフルパスで格納します。
SCRIPT_NAME 呼び出した CGIプログラム名を、ホスト名を除いた URLで格納します。
SERVER_ADDR サーバの IP アドレスを格納します。
SERVER_ADMIN サーバ管理者のメールアドレスが格納されます。(httpd.conf ファイルにセットされたメールアドレス)
SERVER_NAME サーバのホスト名が格納されます。
SERVER_PORT サーバのポート番号が格納されます。(デフォルトは80番)
SERVER_SIGNATURE エラーページなどで Apacheサーバが表示するページのフッタ部分にあたる署名の文字列です。
SERVER_SOFTWARE サーバ名とその OSのバージョンなどが格納されます。
TZ 呼び出したサーバにセットされているタイム・ゾーン(地方時間帯)。
なお、それぞれの環境変数を一覧として表示させるための Perlプログラムは、以下のとおりです。
 print "Content-type: text/html\n\n<pre>";
 foreach (sort keys %ENV) { print "$_ = $ENV{$_}\n"; }
 print "</pre>\n";


This Page is HTML4.01 Valid! 最新更新日 2003/11/8
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com