◆ if構文

if構文は、ある条件によって処理を分けることができる制御構文です。if という単語から想像できるように、「もし、〜ならば、〜をする」というような処理を行うための仕組みです。

if構文の書式
if構文は、条件式を与えた分岐命令です、その書式は以下の通りです。
 if(条件式) {
   条件が「真」の場合に処理したい内容
 }
この書式は、条件式を指定した条件を満たす(真である場合)ならば、ブロック( { と } で囲まれた範囲)の処理を実行する構文です。条件を満たさない場合は、何もしません。
 if(条件式) {
   条件が「真」の場合に処理したい内容
    } else {
       条件が「偽」の場合に処理したい内容
       }
この書式では、条件式に指定した条件を満たす場合にはブロック内の処理を実行し、条件を満たさない場合(偽である場合)は、else で記述された処理を実行します。
つまり、「もし、〜ならば、〜をする。さもなくば 〜をする」という if-else構文とも呼ばれるものです。なお、条件式を指定した処理と満たさない場合の else文は、いくつでも指定することができます。
以下の書式は、else文に条件式を与えて、幾つかの処理に分けた構文です。
 if(条件式A) {
   条件式Aが「真」の場合に処理したい内容
   } else(条件式B) {
      条件式Bが「真」の場合に処理したい内容
       } else(条件式C) {
         条件式Cが「真」の場合に処理したい内容
          } else {
            いずれの条件も満たさない場合の処理したい内容
            }
条件式
条件式は、ユーザから入力された値などをチェックしたい場合に、それがプログラム処理において、真(true)か、偽(false)かを比較するものです。
条件にも様々なパターンがあり、一意とはいえませんが、概ね以下のパターンが想像できます。
Perlでは、条件式を設定するための、幾つかの条件式演算子が用意されています。そうした演算子より要することで、様々な条件を与え、処理を分岐できる構文が作成できます。
以下に、代表的な演算子を掲げました。なお、Perlは、数値比較用と、文字列比較用の演算子が個別に用意されていることに注意してください。
数値比較用演算子
演算子内容
== 指定した2つの数値が等しければ「真」、そうでなければ「偽」を返す
!= 指定した2つの数値が異なっていれば「真」、そうでなければ「偽」を返す
> 指定した2つの数値のうち、左側の数値が右側より大きいか等しければ「真」を、そうでない場合は「偽」を返す
>= 指定した2つの数値のうち、左側が右側より等しい場合に「真」を返す
< 指定した2つの数値のうち、左側の数値が右より小さい場合に「真」を返す
<= 指定した2つの数値のうち、左側の数値が右側より小さいか等しければ「真」を、そうでない場合は「偽」を返す
<=> 指定した2つの数値のうち、左側が右側より小さいと「-1」を、等しい場合は「0」を、大きい場合は「1」を返す
文字列比較用演算子
演算子内容
eq 指定した2つの文字列が等しければ「真」を、異なる場合は「偽」を返す
ne 指定した2つの文字列が異なっていれば「真」、同じの場合は「偽」を返す
gt 指定した2つの文字列のうち、左側が右側より大きい場合に「真」を、そうでない場合は「偽」を返す
ge 指定した2つの文字列のうち、左側が右側より大きいか等しい場合に「真」を、そうでない場合には「偽」を返す
lt 指定した2つの文字列のうち、左側が右側より小さい場合に「真」を、そうでない場合は「偽」を返す
le 指定した2つの文字列のうち、左側が右側より小さいか等しい場合に「真」を、そうでない場合は「偽」を返す
cmp 指定した2つの文字列のうち、左側が右側より小さいと「-1」を、等しい場合に「0」を、大きい場合には「1」を返す


This Page is HTML4.01 Valid! 最新更新日 2003/11/2
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com