◆ 変数と配列

通常、スカラー変数には1つの値が代入されますが、配列を組むことによって複数設定が可能です。そのためのデータ構造が用意されています。
配列
配列に格納する要素の並びを「リスト」と呼びます。配列の定義は、
@配列名=(データ,データ,データ,);

例えば下記の例を参照してください。1週間を1つの変数に配列として格納します。

@week=('Mon','Tue','Wed','thu','Fri','Sat','Sun')

この場合の @week は配列名となり、( )で囲まれた値がリストになります。
この配列名をスカラー変数に取り込む記述は、
@week=('Mon','Tue','Wed','thu','Fri','Sat','Sun')
$shu = @week;

$shu という変数に @week の配列数が格納数されます。
上記配列のいずれかを取り出す場合
print "$week[0]\n";
print "$week[2]\n";
print "$week[5]\n";
このように、$week のインデックスを割り当てることによって取り出し、あるいは表示させることができます。アクセスカウンターなどでよく利用されています。
Perlにおける配列のインデックスを参照するとき、マイナスの値も利用できます。例えば、上記配列のインデックスを -2 として参照したとき、インデックスの最後から2番目のデータが返されます。
配列の数を調べる
配列に定義されたインデックスの数を調べる場合、配列の最後のインデックスを参照して、その数を調べることができます。
 $#配列名
この定義は、配列の最後のインデックスを返す記述です。なお、インデックスは 0番目から始まるので、例えば 6 が返されたら、そのインデックスの数は全部で 7個あることになります。
  @week=('Mon','Tue','Wed','thu','Fri','Sat','Sun')
  print "$#week\n";  ← 6 が返される


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002/9/15   最新更新日 2008/4/12
Copyright(C) 2002-2008 banban