◆ プログラムを書く

それでは簡単なプログラムを書いてみましょう。慣れるためのトレーニングと考えて少しづつ理解することが大切です。作成したら、FTPクライアントソフトを使って、CGIディレクトリにおいて実行させて見ましょう。なお、当サーバーではサンプル実行プログラムは置いていませんのでご了承ください。

printと変数

下記のプログラムを参照してください。
#!/usr/local/bin/perl
print "Content-type: text/html\n\n";

print  "<html>\n";
print  "<head><\n";
print  "<title>サンプルCGI</title></head>\n";
print  "<body>\n";
print  "<p>\n";
$name = "ばんばん";
print  "私は「$name」はじめまして!\n";
print  "</p>\n";
print  "</body>\n";
print  "</html>\n";

解説

1行目 #!/usr/local/bin/perl CGIプログラムを置くパスの記述です。プロバイダによって異なりますので、ご自分のサーバのパスを記述します。

2行目 print "Content-type: text/html\n\n"; MIMEタイプの設定。printコマンドは表示を意味しています。ただし、</head>\n";までは、画面に現れません。当然ですね。

8行目 $name = "ばんばん、"; 変数 $name に「ばんばん」と格納しました。

9行目 print "私は「$name」はじめまして!\n"; 画面に表示されます。「ばんばん、」が格納された $name を呼び出しています。

\n は改行(LF)を表わしています。

これが上記の実行結果です。(ブラウザは Mozilla)
MozillaにてCGIサンプルの表示結果

このように簡単にテキストエディタでプログラムを作成することができます。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002/7/21
Copyright(C) 2002 banban@scollabo.com