◆ CGIって何?

CGIとは Common Gateway Interface の略称です。WEBサーバーと外部実行プログラムの間のインターフェイス仕様・機構のことを指します。厳密にはCGIというのはプログラムを指すのではなく、プログラムを HTTPサーバで動かすための「ルールと仕組み」に過ぎません。

Common Gateway Interface
CGIがなかった時代にはサーバとブラウザ上で、双方のデータを用いて何かしらの処理をさせることは不可能でした。そこで外部のプログラム(スクリプト)を用いることにより、より魅力的で応用性のある仕組みを産みだそうとして、CGIの規格が出来ました。
ここで言うゲートウェイ(Gateway)とは、CGIプログラムがしばしば、他のもっと大きなアプリケーションへのゲートウェイ(出入り口・連絡通路)あるいは、インターフェイスプログラムのような役目をするため、そのような呼び方になったといわれています。
CGIプログラムは、Webページから送られてきたデータを変換して形式を整えます。そして変換されたデータを何らかのプログラムに渡します。指定されたプログラム(例えばデータベースなど)は処理操作を行い、その結果を CGIプログラムに返します。すると CGIプログラムは、その戻されたデータの形式をまた整え直して、インターネットで必要な形式にしてから、ユーザにその答えを送り返します。
つまり、Webページからの要求により、プログラムで処理をするための「連絡通路」がゲートウェイとなるわけです。
CGIプログラムは、HTML、HTTP、CGIの3つが密接に関連して働くことで、アクセスカウンター、掲示板、メール送信、またオンラインショップの買い物かごシステムなどが構築されて動かすことができます。
CGIプログラムを書く言語は、C や Perl と言うプログラミング言語がごく一般的に知られていると思います。Perl は、テキスト処理能力に非常に優れているプログラミング言語で、CGI言語としては非常に適していると言われてます。また、C と異なり、その取得が無料で容易にでき、特別な開発環境のない人にでも、SimpleTextやメモ帳などのテキストエディタさえあれば気軽にプログラミングすることが可能です。当講座でも、Perl言語でプログラムを記述し解説いたします。


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002/7/21   最新更新日 2003/10/28
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com