HTML4.01属性リファレンス-- S群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H]  [I] [L] [M] [N] [O] [R] [S] [T] [U] [V] [W] [ETC]

scrolling スクロールバーの表示/非表示

HTML仕様: HTML4.01Frameset (frame)

HTML仕様: HTML4.01非推奨 (iframe)

機能と値 HTML Windows Macintosh
・auto: ブラウザ依存によるスクロールバーの表示 frameset IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6
・yes: スクロールバーの表示の指定 frameset IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6
・no: ブラウザ依存によるスクロールバーの非表示 frameset IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6

適応要素frame

スクロールバーの表示/非表示を指定する属性です。


scope ヘッダセルの対象となるデータセルの範囲を指定

HTML仕様: HTML4.01

機能と値 HTML Windows Macintosh
・row: このヘッダセルから右側のすべてのセルに適応 サポートしていない サポートしていない
・col: このヘッダセルから下側のすべてのセルに適応 サポートしていない サポートしていない
・rowgroup: このヘッダセルから右側の同じグループのセルに適応 サポートしていない サポートしていない
・colgroup: このヘッダセルから下側の同じグループのセルに適応 サポートしていない サポートしていない

適応要素tdth

ヘッダセルによる見出しの対象となるデータセルの範囲を指定します。主に音声ブラウザで各データセルの内容を読み上げる前に、対応するヘッダセルの内容を読み上げて、そのデータセルがどの見出しと関連しているのかを理解させるようにします。


selected あらかじめ選択された状態

HTML仕様: HTML4.01

機能と値 HTML Windows Macintosh
・auto: ブラウザ依存によるスクロールバーの表示 IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6

適応要素option

option要素内で選択するコントロールで、あらかじめ表示された状態を指定します。


shape イメージマップの領域の形を示す

HTML仕様: HTML4.01

機能と値 HTML Windows Macintosh
・default: 全体を示す IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6
・rect: 矩形を示す IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6
・circle: 円を示す IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6
・poly: 多角形を示す IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6

適応要素area

クライアントサイドイメージマップにおける画像上のリンクを示す定義される領域の形を指定します。


size 大きさを指定する

HTML仕様: HTML4.01非推奨 ( inputselectを除く)

機能と値 HTML Windows Macintosh
・px pt % em in cm mm: 大きさ(幅/高さ)の単位を付記して指定する IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6

適応要素basefontfonthrinputselect

当属性は inputselect をのぞいて非推奨とされています。inputselect ではコントロールの文字数を数値で指定します。


span テーブルにおける列数の指定

HTML仕様: HTML4.01

機能と値 HTML Windows Macintosh
・数値: グループ化する列数の指定 IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6

適応要素colcolgroup

テーブルにおける列数を指定してグループ化します。


src オブジェクトのURLの指定

HTML仕様: HTML4.01   script

HTML仕様: HTML4.01必須 imginput

HTML仕様: HTML4.01Frameset frameiframe

機能と値 HTML Windows Macintosh
・URL: 外部に置いてあるオブジェクトやスクリプトの所在を指定する IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6

適応要素scriptimginputframeiframe

外部にある画像などのオブジェクトを指定します。その際、それらオブジェクトの拡張子まで指定する必要があります。なお、frame


start マーカーの数値の始まり値の指定

HTML仕様: HTML4.01非推奨

機能と値 HTML Windows Macintosh
・数値: リストマーカーの始まりの数字を指定する IE3,4,5,6 NS3,4,6 IE3,4,5 NS3,4,6

適応要素ol

ol要素で、マーカーの最初の番号を指定します。この数字からリスト番号が順列に表示されます。便利な属性ですが非推奨扱いなので、今後はスタイルシートで設定するようにします。


standby オブジェクトの読み込み中のメッセージ

HTML仕様: HTML4.01

機能と値 HTML Windows Macintosh
・テキスト: メッセージ サポートしていない サポートしていない

適応要素object

object要素内で利用される属性です。オブジェクトがロード(読み込み)中にメッセージを表示し、ユーザが待っている間のイライラ感を鎮める狙いがあります。


style インラインにおけるスタイルシートの設定

HTML仕様: HTML4.01

機能と値 HTML Windows Macintosh
・スタイルシートで定義されている属性 IE3,4,5,6 NS4,6 IE3,4,5 NS4,6

適応要素 :すべての要素(ただしヘッダ内要素には使えません。)

通常スタイルシートは外部に置くか、ヘッダ内に記述しますが、やむを得ずどうしてもインラインで記述しなければならないときにはこの属性を使ってスタイルを設定します。

<サンプル>
<p style="color:#f00"> 〜 </p>

summary テーブルの説明

HTML仕様: HTML4.01

機能と値 HTML Windows Macintosh
・文字列:  テーブルの構造や説明を設定する サポートしていない サポートしていない

適応要素table

視覚障害者の使う音声ブラウザへ、どのようなテーブルの構造で、何を表わしているのかの説明を記述します。アクセシビリティ向上のための属性で、当講座では必須と言っていいほどの属性です。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002年8月4日   最新更新日 2004年2月21日
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com