HTML4.01属性リファレンス-- R群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H]  [I] [L] [M] [N] [O] [R] [S] [T] [U] [V] [W] [ETC]

readonly コントロールの書込みを禁止する

HTML仕様: HTML4.01

機能と値 HTML Windows Macintosh
・なし:  サポートしていない サポートしていない

適応要素inputtextarea

フォームの入力欄で、入力を禁止する属性です。どんな場面で使うのだろう?


rel リンク先の文書との関係を定義する

HTML仕様: HTML4.01

機能と値 HTML Windows Macintosh
・link-type:  IE4,5,5.5,6 NS4,4.5,6 IE4,5 NS4,6

適応要素link

ヘッダ部に link要素の属性として使います。現在の文書と別の文書との関係を定義します。複数設定可能です。

<サンプル>
<link rel="stykesheet" href="stylesheet">  スタイルシートの読み込み
<link rel="next" href="index_02.html">     次のHTML文書を指定
<link rel="prev" href="index.html">     前のHTML文書を指定

rev リンク先の文書から見た自分の文書の関係を定義する

HTML仕様: HTML4.01

機能と値 HTML Windows Macintosh
・link-type:  サポートしていない サポートしていない

適応要素link

ヘッダ部に link要素の属性として使います。別の文書から見た今の文書との関係を定義します。カンマで区切って複数設定可能です。

<サンプル>
<link rev="smade" href="maito:banban@scollabo.com"> 作者の E-mailを指定
<link rel="next" href="index_02.html">     次のHTML文書を指定

rows 行、あるいはフレームの横幅指定

HTML仕様: HTML4.01必須 テキストフィールドの行数の指定

HTML仕様: HTML4.01Framset非推奨 フレームの横割の指定

機能と値 HTML Windows Macintosh
・数字: textarea要素では、行数を指定します。 IE4,5,5.5,6 NS4,4.5,6 IE4,5 NS4,6
・ピクセル、%: frameset要素では、フレームの縦割を指定します。 IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,4.5,6 IE3,4,5 NS3,4,6

適応要素textareaframeset

テキスト入力フィールドを形成する textarea要素の属性では、フィールドの行数を設定します。

frameset要素では、全体のフレームの縦(高さ)の割合を決める属性として使われます。単位はピクセル、%、あるいは相対的な高さを決めるアスタリスク「 * 」があります。


rowspan セルの縦方向の結合

HTML仕様: HTML4.01

機能と値 HTML Windows Macintosh
・数値: 結合する数の値を指定する IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,4.5,6 IE3,4,5 NS3,4,6

適応要素tdth

テーブルにおけるセルの結合を縦方向に設定する属性です。横方向は colspan属性を使用します。


rules テーブルセルの罫線の表示方法

HTML仕様: HTML4.01

機能と値 HTML Windows Macintosh
・none: 表示しない(デフォルト値) IE3,4,5,5.5,6 IE3,4,5

横方向のグループ化した罫線を表示

ただし、theadtfoottbodycolgroup の境界のみ可能

IE4,5,5.5,6 IE4,5
・rows: 横の列の境界のみ表示 IE4,5,5.5,6 IE4,5
・cols: 縦の列の境界のみ表示 IE4,5,5.5,6 IE4,5
・all: すべての境界で表示 IE4,5,5.5,6 IE4,5

適応要素table

テーブルにおけるセルの区切り線の表示方法を設定する属性です。いまのところ Netscape がサポートしていないのは残念です。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002/7/31
Copyright(C) 2002-2003 banban@scollabo.com