HTML4.01属性リファレンス-- L群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H]  [I] [L] [M] [N] [O] [R] [S] [T] [U] [V] [W] [ETC]

label グループ名の指定

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・テキスト: グループ名を指定する IE3,4,5,5.5,6 NS4,6 IE3,4,4.5 NS4,6

適応要素optgroupoption

optgroupoption要素の属性として使用し、そのグループやメニュー項目の名前を指定します。HTML4.01では、optgroup要素に必ず使って指定します。


lang 言語コード

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・言語コード: ja、en、gr などの言語コードを設定する IE3,4,5,5.5,6 NS4,6 IE3,4,4.5 NS4,6

適応要素 :ほとんどの要素(ただし、appletbasebasefontframeframesetiframeparamscriptを除く)

要素の属性値やテキスト内容の言語を設定します。例として日本語は「ja」、英語は「en」のように指定し、この属性を指定しない場合の言語コードは「unknown」となります。この属性は、指定された言語の実際的な使用方法に従って内容を正しく表示したり、音声ブラウザで正しく発音したりできるようにするものです。

ただし、この属性を指定するとフォント種が変化する場合もありますので注意してください。 lang属性のサンプル


language スクリプトの種類

HTML仕様 : HTML4.01Transitional 非推奨

機能と値 HTML Windows Macintosh
・cdata: 設定するスクリプトの種類を表わす IE3,4,5,5.5,6 NS4,6 IE3,4,4.5 NS4,6

適応要素script

JavaScript などのスクリプトを設定する場合に使用しますが、HTML4.01では非推奨となっています。今後は下記のように、type属性を利用します。

<script type="text/javascript"> このように記述します。


link リンク先の文字色

HTML仕様 : HTML4.01Transitional 非推奨

機能と値 HTML Windows Macintosh
・カラーコード/色名: 文字色の設定 IE3,4,5,5.5,6 NS4,6 IE3,4,4.5 NS4,6

適応要素abody

参照するリンク先の文字色を指定する属性ですが、HTLMでは非推奨となっています。スタイルシートの擬似クラス を利用しましょう。


longdesc 詳しい説明文のある文書の URI を示す

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・URL: 文書先の URL サポートしていない サポートしていない

適応要素imgiframeframe

それぞれの要素で示される詳しい説明のある文書の URLを指定します。この属性は、title属性による短文の説明を補う役目として利用されます。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002/7/23   最新更新日 2004/1/8
Copyright(C) 2002-2004 banban@scollabo.com