HTML4.01属性リファレンス-- D群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H]  [I] [L] [M] [N] [O] [R] [S] [T] [U] [V] [W] [ETC]

data 必要とされるデータのURLを指定する

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・URL: プログラムなど必要とするデータのURLを指定する IE4,5,5.5,6 NS4,6 IE4,4.5,5 NS4,6

適応要素object

object要素 によって指定されたデータ(画像、アプレット、動画や他の HTML文書などや実行可能なプログラム)を呼び出すための URI を指定します。 data属性のサンプル


declare オブジェクトの実行をさせない

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・なし: サポートしていない サポートしていない

適応要素object

この属性が宣言された場合には、そのオブジェクトの宣言のみで、実際には何も実行することができません。ただし実行する場合には、ボタンやリンクなどを配置することによって、ユーザの操作で実行可能となります。


datetime 記述の変更が発生した日付を指定する

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・URL: プログラムなど必要とするデータのURLを指定する サポートしていない サポートしていない

適応要素delins

文書内で、変更や削除などがあった場合、その時の日付を示すために用います。

サンプル
<ins cite="http://www.w3c.org/TR/html4/appendix/changes.html" 
 datetime="2002-02-30T21:48:30+09:00">
xmp要素は、既に使えなくなっています。
</ins>

defer スクリプトに文書の表示を生成する要素を含まないことを宣言する

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・属性なし: IE4,5,5.5,6 サポートしていない

適応要素script

スクリプトに文書の表示を生成する要素を含まないことを宣言します。 これにより、Webブラウザは、 スクリプトの実行を待たずに表示が可能になります。


dir テキストの表記方向を指定する

HTML仕様 : HTML4.01Strict (bdo要素 のみ必須)

機能と値 HTML Windows Macintosh
・ltr: 左から右方向へ表記する(デフォルト値) IE5,5.5,6 NS6.2 サポートしていない
・rtr: 右から左方向へ表記する IE4,5,5.5,6 NS6.2 サポートしていない

適応要素 :ほとんどの要素(ただし、applet、base、basefont、br、frame、frameset、hr,iframe、param、scriptを除く)

テキストを左から右へ表記する文書中で、右から左へ表記する部分を使いたい場合などに前後のテキストとは異なる表記方向を指定するときに使います。単独で使用する場合は、bdo要素と共に記述します。


disabled form要素内における選択の禁止

HTML仕様: HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・なし:  IE6 NS6 NS6

適応要素buttoninputoptgroupoptionselecttextarea

form要素 内での入力フィールドなどにおける選択を禁止する属性です。この属性のある入力フィールドでは、ユーザが選択することができません。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002/7/14   最新更新日 2004/1/8
Copyright(C) 2002-2004 banban@scollabo.com