HTML4.01属性リファレンス-- A群

[A] [B] [C] [D] [E] [F] [H]  [I] [L] [M] [N] [O] [R] [S] [T] [U] [V] [W] [ETC]

abbr ヘッダセルの内容を短く説明する

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・テキスト: テーブルのヘッダセル内容の説明 IE4,5,5.5,6 NS6 IE5 NS6

適応要素th

テーブルにおけるヘッダセル th要素 に用い、内容を短く説明して、音声ブラウザに伝えるための属性です。また、表を表示するための十分な領域がない場合にも、ここで指定した内容が利用できます。


accesskey ショートカットキーを割り当てる

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・任意の1文字: 要素に任意の1文字を指定する IE4,5,5.5,6 NS6 IE5 NS6

適応要素aareainputbuttontextarealabellegend

要素にショートカットキーを割り当てます。値としては、文字コード中の任意の半角英文字1文字を指定することが出来ます。利用方法はOSやブラウザなどの環境に依存しますが、Windowsであれば 「Altキー」、Macintoshであれば、「Controlキー」を同時に押して利用します。

accesskey属性サンプル


accept データ送信の際のMIMEタイプを指定する

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・MIMEタイプ: サーバのプログラムが処理可能なMIMEタイプを指定 IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,6 IE3,4,4.5,5 NS3,4,6

適応要素form

送信されたフォームのデータを、サーバのプログラムプログラムが処理できるよう、MIMEタイプを指定します。input要素type属性が「file」の場合に、カンマ「,」で区切って複数設定することが可能です。

<サンプル>
<form action="/bin/sample.cgi/" method="post" accept="text/plain">

accept-charset データ送信の際の文字符号コードを指定する

HTML仕様 : ;HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・文字符号: 送信先のプログラムが理解可能な文字符号を指定 IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,6 IE3,4,4.5,5 NS3,4,6

適応要素form

送信されたフォームのデータを、送信先のデータ処理プログラムが理解できるよう、文字符号コードを指定します。なお、デフォルト(初期値)は、「UNKNOWN」となっています。

<サンプル>
<form action="/bin/sample.cgi/" method="post" accepr-charset="ECU-JP">

action データの送信先を指定する

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・URI: データ送信先の URI を指定する必須の属性 IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,6 IE3,4,4.5,5 NS3,4,6

適応要素form

送信するデータを処理するプログラムなどの URI を指定します。HTML4.01では、フォームを作成する場合の必須の属性となっており、省略することが許されておりません。

<サンプル>
<form action="mailto:banban@scollabo.com" method="post">

align コンテンツの位置を指定する

HTML仕様 : HTML4.01Transitional 非推奨

機能と値 HTML Windows Macintosh
・top: 配置を上に指定する IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,6 IE3,4,4.5,5 NS3,4,6
・middle =  配置を真中に指定する IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,6 IE3,4,4.5,5 NS3,4,6
・bottom: 配置を下に指定する IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,6 IE3,4,4.5,5 NS3,4,6
・left =  配置を左に指定する IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,6 IE3,4,4.5,5 NS3,4,6
・right: 配置を右に指定する IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,6 IE3,4,4.5,5 NS3,4,6
・center =  配置を中央に指定する IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,6 IE3,4,4.5,5 NS3,4,6
・justify = テキスト:両端揃えに指定する IE6 NS6 NS6

適応要素appletdivh1〜h6hriframeimginputlegendobjectptable関連

要素によって配置が異なります。また、要素によっては middlecenterの指定が異なる場合があります。画像を配置する場合は、テキストが指定した反対側に回りこみます。

なお、この属性はテーブル(table要素は非推奨扱い)に関して利用する以外では、非推奨扱いとなっています。


alink リンクの色を指定する

HTML仕様 : HTML4.01Transitional 非推奨

機能と値 HTML Windows Macintosh
・色名: カラーコード/カラーネームを指定する IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,6 IE3,4,4.5,5 NS3,4,6

適応要素body

リンク部分を選択したときに、瞬間に色を変える属性です。なお、この属性はHTML4.01では非推奨であり、廃止方向のものです。


alt 代替テキストを記述する

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・テキスト: 画像などのオブジェクトの代替として記述する IE3,4,5,5.5,6 NS3,4,6 IE3,4,4.5,5 NS3,4,6

適応要素appletareaimginput

何かの理由で画像が表示されなかった場合、あるいは音声ブラウザに対応するために、代替のテキストを記述します。この記述をしておくと、画像にマウスを当てるとツールチップが出て、テキストが表示されるブラウザも多い。HTML4.01では必須の属性です。


archive アーカイブファイルのURLを指定

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・URI : オブジェクトに関するアーカイブの URI を指定する サポートしていない サポートしていない

適応要素appletobjectparam

スペースで区切ることにより複数設定することができます。この属性を設定することにより、複数のファイルを短い時間で読み込みすることが可能です。なお、相対パスで指定された場合、codebase 属性が指定されていれば、それを基準とした URI を参照します。


axis データセルの分類名を指定

HTML仕様 : HTML4.01Strict

機能と値 HTML Windows Macintosh
・名前(分類名): データセルの分類名 サポートしていない サポートしていない

適応要素tdth

主に非視覚系ブラウザに対して、テーブルのデータセルの内容を必要最小限の情報を示した分類名を指定します。カンマで区切ることにより複数設定することができます。この属性を指定する場合には、headers属性、あるいは scope属性によって関連付けられる必要があります。



This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002/6/17   最新更新日 2004/1/8
Copyright(C)2002-2004 banban@scollabo.com